Amazon S3 向けの Data Pipeline の前提条件を設定するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 2 月 2 日

AWS Data Pipeline の前提条件を使用して、特定の Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットが存在しない場合に実行中のパイプラインを停止するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

S3DataNode オブジェクト用の S3PrefixNotEmpty 前提条件を作成します。s3PrefixNotemptyシステム管理型の前提条件です。システム管理型の前提条件は、タイムアウト (preconditionTimeout) を指定しない限り、条件が true になるまで実行されます。

注意: アクティブなパイプラインでは、前提条件の使用によって追加料金が発生します。詳細については、「AWS Data Pipeline の料金」を参照してください。

解決方法

パイプラインがアクティブになっている間は、前提条件を設定できません。アクティブなパイプラインに前提条件を追加するには、パイプラインをクローンしてから以下のステップを完了します。

  1. AWS Data Pipeline コンソールを開きます。
  2. 非アクティブ化されたパイプラインを選択してから、[Actions] (アクション)、[Edit] (編集) の順に選択します。
  3. 既存の S3DataNode オブジェクトを選択します。または、[Add] (追加) ドロップダウンリストを選択してから、[S3DataNode] を選択して新しいオブジェクトを作成します。
  4. S3DataNode オブジェクトの [Add optional field] (オプションフィールドの追加) ドロップダウンリストで、[Precondition] (前提条件) を選択します。
  5. [Precondition] (前提条件) ドロップダウンリストで、[Create new: Precondition] (新規作成: 前提条件) を選択します。
  6. [Precondition] (前提条件) セクションを開き、先ほど作成した前提条件オブジェクトを見つけます。
  7. [Type] (タイプ) ドロップダウンリストで [s3PrefixNotempty] を選択します。
  8. [S3 Prefix] (S3 プレフィックス) フィールドに Amazon S3 パスを入力します。これがパイプライン定義の JSON でどのように表示されるかの例については、「s3PrefixNotempty」を参照してください。

タイムアウトを指定するには、以下の手順を実行します。

  1. s3PrefixNotempty オブジェクトの [Add optional field] (オプションフィールドの追加) ドロップダウンリストで [preconditionTimeout] を選択します。
  2. タイムアウトの条件を指定します。

preconditionTimeout が満たされると、依存ノードが CASCADE_FAILED ステータスで失敗します。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?