AWS のコストと使用状況レポートを使用して、請求額を把握します。請求明細レポートから AWS のコストと使用状況レポートに移行するにはどうすれば良いですか?

AWS のコストと使用状況レポートには、請求明細レポートと同じデータが多く含まれています。また、AWS のコストと使用状況レポートには、アカウントのリザーブドインスタンスに関する追加データが含まれています。

注:これまでに請求レポートを使用したことがない場合は、アカウントで請求レポートを有効化してください。

2 つのレポート間で命名規則の変更を考慮して、会計ソフトウェアまたは管理ソフトウェアを更新する必要があります。

請求明細レポートのフィールド名 コストと使用状況レポートのフィールド名
InvoiceId bill/InvoiceId
PayerAccountId
bill/PayerAccountId
LinkedAccountId
lineItem/UsageAccountId
ProductName
product/ProductName
SubscriptionId
reservation/reservationARN
UsageType
lineItem/UsageType
Operation
lineItem/Operation
AvailabilityZone
lineItem/AvailabilityZone
ReservedInstance
pricing/PurchaseOption
ItemDescription
lineItem/LineItemDescription
UsageStartDate
lineItem/UsageStartDate
UsageEndDate
lineItem/UsageEndDate
UsageQuantity
lineItem/UsageAmount
BlendedRate
lineItem/BlendedRate
BlendedCost
lineItem/BlendedCost
UnBlendedRate
lineItem/UnblendedRate
UnBlendedCost
lineItem/UnblendedCost
ResourceId
lineItem/ResourceId

注:請求明細レポートフィールドRecordTypeRecordIdRateId、およびPricingPlanId は、AWS のコストと使用状況レポートでは利用できません。

AWS のコストと使用状況レポートには、以下の追加フィールドがあります。

  • lineItem/LineItemType
  • lineItem/NormalizationFactor
  • lineItem/NormalizedUsageAmount
  • pricing/LeaseContractLength
  • pricing/OfferingClass
  • pricing/PurchaseOption
  • pricing/publicOnDemandCost
  • pricing/publicOnDemandRate
  • pricing/unit
  • reservation/AvailabilityZone
  • reservation/NormalizedUnitsPerReservation
  • reservation/NumberOfReservations
  • reservation/ReservationARN
  • reservation/TotalReservedNormalizedUnits
  • reservation/TotalReservedUnits
  • reservation/UnitsPerReservation

コストと使用状況レポートを管理するには、AWS のコストと使用状況レポートを Amazon RedShift にアップロードすることを検討してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 06 月 27 日

更新日: 2019 年 01 月 14 日