Direct Connect を介したファイル転送パフォーマンスを最適化するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 1 月 11 日

AWS Direct Connect 接続でのファイル転送速度が遅くなっています。

解決方法

ユースケースについては、次のトラブルシューティングステップを使用してください。

注:AWS Command Line Interface (AWS CLI)のコマンドを実行中にエラーが発生した場合は、最新のAWSCLIバージョンを使用していることを確認してください

Amazon CloudWatch メトリクスを使用して、Direct Connect 接続の使用状況とエラーの超過を確認する

CloudWatch メトリクスを使用して Direct Connect 接続と仮想インターフェイスをモニタリングすることができます。Direct Connect 専用接続については、ConnectionBpsEgress および ConnectionBpsIngress メトリクスでネットワークポート速度を超える値がないかを確認します。MAC レベルのエラーについては、ConnectionErrorCount メトリクスを確認してください。MAC レベルのエラーのトラブルシューティングの詳細については、Direct Connect 接続メトリクスの「ConnectionErrorCount」セクションを参照してください。

ホストされた接続については、VirtualInterfaceBpsEgress メトリクスと VirtualInterfaceBpsIngress メトリクスを確認します。Direct Connect 仮想インターフェイスは、ホストされた接続ごとに 1 つだけ作成できます。これらのメトリクスは、ホストされた接続のネットワークトラフィックの合計ビットレートの推定値です。

詳細については、「AWS Direct Connect CloudWatch メトリクスの表示」を参照してください。

大容量ファイルを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にアップロードする際のパフォーマンスの最適化

大容量ファイルを Amazon S3 にアップロードする場合は、マルチパートアップロードを活用することをお勧めします。AWS CLIを使用している場合、cpsyncなどのすべての高レベルの Amazon S3 コマンドは、大容量ファイルのマルチパートアップロードを自動的に実行します。

次のAWS CLI Amazon S3 設定値を使用します:

  • max_concurrent_requests - 同時リクエストの最大数。デフォルト値は 10 です。最大数のリクエストをサポートするのに十分なリソースがあることを確認してください。
  • max_queue_size - タスクキュー内のタスクの最大数。
  • multipart_threshold - CLI が個々のファイルのマルチパート転送に使用するサイズしきい値。
  • multipart_chunksize - マルチパート転送を使用する場合、これは CLI が個々のファイルのマルチパート転送に使用するチャンクサイズです。この値は、AWS CLI が個々のファイルのマルチパートアップロードでアップロードする各パートのサイズを設定します。この設定では、大容量ファイル (300 MB など) を小さなパートに分割して、アップロードを高速化できます。デフォルト値は 8MB ですが、設定できる最小値は 5MB です。

注:マルチパートアップロードでは、1 つのファイルを最大 10,000 パートでアップロードする必要があります。設定するチャンクサイズがファイルサイズとパート数のバランスをとっていることを確認してください。

  • max_bandwidth-Amazon S3 との間でデータをアップロードおよびダウンロードするために消費される最大帯域幅。

詳細については、AWS SFTPを使用してオンプレミスから Amazon S3 にデータの小さなセットを移行するを参照してください。

サーバーメッセージブロック(SMB)Windows ファイルサーバーのパフォーマンス調整

Windows SMB ファイルサーバーのネットワークパフォーマンスを最適化するにはサーバーメッセージブロック(SMB)3.0プロトコルを各クライアントとファイルサーバー間でネゴシエートする必要があります。これは、SMB 3.0 がプロトコルを使用するため、次の機能を含む SMB ファイルサーバーのパフォーマンスが向上するためです:

  • SMB Direct - この機能により、SMB はファイルサーバー上の RDMA ネットワークインターフェイスを検出し、リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA)を自動的に使用します。 RDMA によりスループットが向上し、レイテンシーとCPU 使用率を低減できます。
  • SMB Multichannel - この機能により、ファイルサーバーは複数のネットワーク接続を同時に使用でき、スループットが向上します。
  • SMB Scale-Out-この機能により、クラスター構成の SMB 3.0 は、アクティブ/アクティブ構成のクラスターのすべてのノードの共有を表示できます。これにより、最大共有帯域幅がすべてのファイルサーバークラスターノードの総帯域幅になります。

SMB クライアントの場合は、robocopyマルチスレッド機能を使用して、複数の並列接続を介してファイルとフォルダーをファイルサーバーにコピーします。

また、明示的輻輳通知 (ECN) と大規模送信オフロード (LSO) を使用してスループットを低下させることもできます。

Direct Connect 接続でのパケット損失を確認します。

パケット損失は、送信されたデータパケットが宛先に到着せず、ネットワークパフォーマンスの問題が生じる場合に発生します。パケット損失は、宛先での低い信号強度、高過ぎるシステム使用率、ネットワークの輻輳、およびネットワークルートの設定ミスによって生じます。

詳細は、「 Direct Connect 接続のパケット損失をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?」を参照してください。

ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスに関する問題を切り離して、診断する。

iPerf3 tcpdump Wireshark などのユーティリティを使用して、Direct Connect のパフォーマンス問題のトラブルシューティングやネットワーク結果の分析を行うことができます。単一の TCP ストリーミングのネットワークスループットに影響を与える次の設定に注意してください:

  • Receiver Window Size (RWS)-バッファをオーバーフローさせずに受信側が受け入れることができる最大バイト数を示します。
  • 送信側がバッファを送信する-受信側が確認できる最大バイト数が制限される場合があります。送信者は、受信確認を受け取るまで、未確認のバイトを破棄できません。未確認のバイトは、タイムアウト時間が経過すると再送信が必要になる場合があります。
  • 送信者の MSS (最大セグメントサイズ)-TCP セグメントがペイロードとして保持できる最大バイト数。MSS が小さいほど、ネットワークスループットは低下します。
  • ラウンドトリップ時間 (RTT)-送信側と受信側の RTT が大きいほど、使用可能なネットワーク帯域幅は小さくなります。

ヒント:送信側はファイル転送中に、受信側への複数の並列接続を開始することをお勧めします。

詳細は、「Direct Connect のネットワークパフォーマンスに関する問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?」を参照してください。


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?