Direct Connect 接続の回復力をテストするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 7 月 9 日

仮想インターフェイスの 1 つがサービス停止状態の場合、トラフィックが冗長仮想インターフェイス経由でルーティングされることを確認したいと考えています。AWS Direct Connect 接続の回復力をテストするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

フェイルオーバーテスト機能を使用して Direct Connect 接続の回復力をテストできます。この機能では、設定した期間、Direct Connect 仮想インターフェイスで 1 つ以上のボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) セッションを無効にします。その後、必要に応じて冗長仮想インターフェイスにトラフィックがルーティングされていることを確認できます。

解決方法

注: AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、最新の AWS CLI バージョンを使用していることを確認してください

テストを開始する前に、機能停止を回避するために、冗長な Direct Connect 仮想インターフェイスまたは VPN 接続があることを確認します。

フェイルオーバーテストを開始する

注: テストは、任意のタイプの仮想インターフェイス (パブリック、プライベート、またはトランジット) で実行できます。ただし、仮想インターフェイスを含む AWS アカウントの所有者のみがテストを開始できます。

  1. Direct Connect コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで、[仮想インターフェイス] を選択します。
  3. 仮想インターフェイスを選択します。
  4. [アクション]、[BGP を停止させる] の順に選択します。
  5. [障害テストの開始] のダイアログボックスで、以下を完了します。
    [ピアリング] で、テスト用に停止するピアリングセッション (IPv4 または IPv6) を選択します。
    [テストの最大時間] に、テスト時間を分単位で入力します。最大値は 180 分、デフォルト値は 180 分です。
    [確認] テストに「Confirm」と入力してから、[確認する] を選択します。

これで、BGP ピアリングセッションは DOWN 状態になりました。トラフィックを送信して、機能停止がないことを確認し、接続の回復力を検証できます。

注: 必要に応じて、テストを直ちに停止できます。

フェイルオーバーテストは、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) または AWS SDK を使用して StartBgpFailoverTest API 呼び出しを使用して実行することもできます。

フェイルオーバーのテスト履歴を表示する

Direct Connect コンソールで、仮想インターフェイスページの [テスト履歴] の列を確認します。あるいは、AWS CLI または AWS SDK で ListVirtualInterfaceTestHistory API 呼び出しを使用します。

テスト履歴データは最大 365 日間保存されます。

フェイルオーバーテストを停止する

注: フェイルオーバーテストはいつでも停止できます。

  1. Direct Connect コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで、[仮想インターフェイス] を選択します。
  3. 仮想インターフェイスを選択します。
  4. [アクション] を選択してから、[テストをキャンセル] を選択します。

AWS CLI または AWS SDK を使用して StopBgpFailoverTest API 呼び出しでフェイルオーバーテストを停止することもできます。