ホスト型仮想インターフェイス (VIF) とホスト型接続の違いは何ですか。

最終更新日: 2022 年 2 月 2 日

ホスト型仮想インターフェイス (VIF) またはホスト型接続のどちらを AWS Direct Connect と合わせて使用するべきかわかりません。使用する接続のタイプは、どのように選択すればよいですか?

解決方法

Direct Connect を使用するときは、3 つの方法のいずれかで VIF を作成できます。

  • 親 Direct Connect 接続が存在する AWS アカウント (「標準 VIF」)
  • 同じ親 Direct Connect 接続を使用している別の AWS アカウント、またはそれをプロビジョニングする Amazon パートナーネットワーク (APN) のパートナーから購入した VIF (「ホスト型 VIF」)
  • AWS Direct Connect パートナーがお客様に代わってプロビジョニングする物理的イーサネット接続

ホスト型 VIF は、標準 VIF と同じ方法でパブリックリソースまたは Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) に接続できます。ただし、VIF を所有するアカウントは接続の所有者とは異なります。帯域幅は、親接続のすべての VIF 間で共有されます。ホスト型 VIF を作成する手順については、「ホスト型仮想インターフェイスを作成する」をご参照ください。

ホスト型接続を使用すると、APN パートナーが Direct Connect 接続を作成することができます。Direct Connect ホスト型接続には、完全な帯域幅が割り当てられます。これにより、同じ Direct Connect 接続で複数の VIF を使用するのではなく、1 つの VIF を作成できます。ホスト型 Direct Connect 接続の値は、50 Mbps、100 Mbps、200 Mbps、300 Mbps、400 Mbps、500 Mbps、1 Gbps、2 Gbps、5 Gbps、10 Gbps です。特定の要件を満たす AWS Direct Connect パートナーは、1 Gbps、2 Gbps、5 Gbps、または 10 Gbps のホスト型接続を作成できます。AWS パートナーネットワーク (APN) に連絡して Direct Connect 接続を作成します。次に、ホスト型接続を受け入れるためのステップを完了します。

注: ホスト型 Direct Connect 接続ごとに作成できる VIF は 1 つだけです。AWS マネジメントコンソールから新しい VIF を作成するために VLAN 情報を変更することはできません。各ホスト型接続には、パートナーによる作成時に VLAN が割り当てられます。特定の接続における各 VIF には、パートナーのみがプロビジョニングできる固有 VLAN タグが必要です。追加のプライベート VIF またはパブリック VIF を取得するには、APN パートナーから別のホスト型接続をリクエストしてください。中継仮想インターフェイスを作成するには、1 Gbps 以上のホスト型接続帯域幅が必要です。


この記事はお役に立ちましたか。


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?