AWS Artifact ドキュメントをダウンロードして、監査者や規制当局、もしくは会社の他の社員と共有するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 6 月 23 日

AWS Artifact ドキュメントをダウンロードして共有するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

AWS Artifact コンプライアンスドキュメント (監査アーティファクトまたは監査レポートとしても知られる) は、監査者や規制当局、もしくは会社の他の社員と共有できます。AWS セキュリティ制御の証拠としてこれらのドキュメントを使用できます。AWS マネジメントコンソールを使用して AWS Artifact ドキュメントをダウンロードすることもできます。

解決方法

AWS Artifact ドキュメントを共有するには、AWS Artifact レポートをダウンロードするか、レポートのアクセス許可を提供します。

重要: AWS Artifact ドキュメントは信頼できるユーザーのみと共有してください。AWS Artifact レポートは、ユーザーを特定する再利用可能な一意のウォーターマークを持ちます。メールでレポートを送信したり、オンラインで共有したりしないでください。代わりに、Amazon WorkDocs のように監査機能を伴うセキュアで認証済みの共有サービスを使用してください。

AWS Artifact ドキュメントをダウンロードする

AWS Artifact ドキュメントをダウンロードするには、AWS アカウントを使用して AWS Artifact コンソールにサインインしてください。次に、AWS Artifact 内でレポートをダウンロードするの説明に従います。

注: AWS アカウントをまだお持ちでない場合、AWS アカウントを作成しなければなりません。手順については、AWS Artifact の使用開始をご参照ください。

AWS Artifact ドキュメントへのアクセス許可を提供する

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーを作成してください。次に、AWS Artifact ドキュメントに IAM アクセス許可を付与します。手順については、「IAM ユーザーを作成し、AWS Artifact へのアクセス権を付与する」を参照してください。

注: IAM ユーザーに、AWS Artifact ドキュメントにアクセスする最小限の権限を付与するベストプラクティスです。

ユーザーは、ユーザーアカウントを特定するタイプの AWS Artifact ドキュメントへのアクセスを制限できます。手順については、「AWS Artifact でのアイデンティティとアクセス管理」を参照してください。

AWS Artifact ドキュメントは安全に保つ必要があり、秘密保守契約 (NDA) が必要になる場合があります。詳細については、「ドキュメントを保護する」を参照してください。


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?