MySQL が実行されている Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスのマスターユーザーと同じアクセス許可を持つ別のユーザーが必要です。マスターユーザーを複製またはクローンする方法を教えてください。

MySQL が実行されている DB インスタンスはマスターユーザーを 1 つだけ持つことができますが、マスターユーザーと同じアクセス許可を持つ別のユーザーを作成できます。マスターのアクセス許可を持つ別のユーザーを作成するには、以下のステップに従います。

1.    SHOW GRANTS コマンドを実行して、現在のマスターユーザーに付与されているアクセス許可のリストを取得し、このリストをコピーして後で使用します。

mysql> SHOW GRANTS FOR 'master_user';

このコマンドにより、次のような出力が生成されます。

+----------------------------+
| Grants for master_user@%
+----------------------------+
| GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, RELOAD, PROCESS, REFERENCES, INDEX, ALTER, SHOW DATABASES, CREATE TEMPORARY TABLES, LOCK TABLES, EXECUTE, REPLICATION SLAVE, REPLICATION CLIENT, CREATE VIEW, SHOW VIEW, CREATE ROUTINE, ALTER ROUTINE, CREATE USER, EVENT, TRIGGER ON *.* TO 'master_user'@'%' IDENTIFIED BY PASSWORD '<password>' WITH GRANT OPTION |

注意: マスターユーザーのユーザー名は「master_user」です。

2.    CREATE USER コマンドを実行して別のユーザーを作成します。

mysql> CREATE USER 'new_master_user'@'%' IDENTIFIED BY 'password';

注意: 「new_master_user」と「password」は、自分のユーザー名とパスワードに置き換えてください。

3.    GRANT コマンドを実行し、ステップ 1 で取得したアクセス許可のリストを別のユーザーに付与します。

mysql> GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, RELOAD, PROCESS, REFERENCES, INDEX, ALTER, SHOW DATABASES, CREATE TEMPORARY TABLES, LOCK TABLES, EXECUTE, REPLICATION SLAVE, REPLICATION CLIENT, CREATE VIEW, SHOW VIEW, CREATE ROUTINE, ALTER ROUTINE, CREATE USER, EVENT, TRIGGER ON *.* TO 'new_master_user'@'%' WITH GRANT OPTION;

これで、マスターユーザーと同じアクセス許可が別のユーザーに付与されます。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 02 月 06 日

更新日: 2019 年 01 月 09 日