Amazon EC2 インスタンスから Elastic IP アドレスを解放しようとするときに表示される「割り当て ID を持つアドレスはアカウントにロックされていることから解放できません」というエラーを解決するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 6 月 17 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスから Elastic IP アドレスを解放しようとするときに表示される「エラー [IP アドレス]: 割り当て ID [割り当て ID] を持つアドレスはアカウントにロックされていることから解放できません」というエラーを解決するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

このエラーメッセージは、Elastic IP アドレスに逆引きドメインネームシステム (rDNS) レコードが作成されている場合に生成されます。Elastic IP アドレスは、rDNS レコードが存在する限りアカウントにロックされています。

解決方法

Elastic IP アドレスに rDNS が設定されているかどうかを確認する

host コマンドを実行します。203.0.113.0 サンプル IP アドレスをお使いの IP アドレスに置き換えます。

#host 203.0.113.0

Elastic IP アドレスに rDNS セットがある場合、前述のコマンドは次のような出力を返します。

203.0.113.0.in-addr.arpa. domain-name-pointer mail.domain.com

rDNS エントリの削除をリクエストする

1.    E メール送信制限解除申請フォームを開きます。

2.    以下の情報を使用してフォームに記入します。

E メールアドレス: お使いのメールアドレスです。

ユースケースの説明: rDNS の削除をリクエストする特定のユースケースです。

Elastic IP アドレス: このフィールドはオプションです。

逆引き DNS レコード: このフィールドはオプションです。

EIP 1 の逆引き DNS レコード: DNS を削除してくださいと入力します。

EIP 2 の逆引き DNS レコード: 空のままにしておきます。

注意: Elastic IP アドレスの追加はオプションです。最大 100 個の Elastic IP アドレスと 100 個の逆引き DNS レコードを入力するオプションがあります。

3.    [送信] を選択します。

注意: rDNS の削除は、システム全体に伝播するまでに数日かかる場合があります。

Elastic IP アドレスを解放する

1.    rDNS 削除の確認を受け取ったら、IP アドレスに host コマンドを実行して、削除の完了を確認します。

#host 203.0.113.0

前述のコマンドは、以下のような出力を返します。

203.0.113.0.in-addr.arpa. domain-name-pointer ec2-54-244-68-210.us-west-2.compute.amazonaws.com.

2.    Amazon EC2 コンソールを開いて、ナビゲーションペインから [Elastic IP] を選択します。

3.    Elastic IP アドレスを選択し、[アクション]、[Elastic IP アドレスの解放] と選択します。

4.    [解放] を選択します。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合