EC2 インスタンスでのバーストクレジットの請求額を計算するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 7 月 16 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスでのバーストクレジットの請求額を計算したいと考えています。どうすればよいですか?

解決方法

注:バーストクレジット請求は、EC2 バースト可能インスタンスタイプにのみ適用されます。例えば、T4g、T3a、および T3 インスタンスタイプ、ならびに前世代の T2 インスタンスタイプなどです。

バースト可能インスタンスは、標準モードまたは Unlimited モードの 2 つのモードのいずれかで実行するように設定できます。

EC2 コンソールまたは AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して、バーストパフォーマンスインスタンスが Unlimited または標準として設定されているかどうかを確認できます。詳細については、バーストパフォーマンスインスタンスのクレジット指定の表示およびデフォルトのクレジット指定の表示を参照してください。

注: AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

標準モードでの請求

標準モードでは、インスタンスの標準オンデマンド時間料金に基づく料金が請求されます。

Unlimited モードでの請求

Unlimited モードでは、時間単位のインスタンス料金は、次のうちより短い方の CPU 使用率のすべてのスパイクを自動的にカバーします。

  • 24 時間のローリング期間におけるインスタンスの平均 CPU 使用率がベースライン以下である時間。
  • インスタンスのライフタイム。

長時間にわたって高い CPU 使用率でインスタンスを実行する場合は、vCPU 時間あたりの追加固定料金で実行できます。vCPU 時間料金の詳細については、T2/T3/T4g Unlimited モードの料金を参照してください。

蓄積されたクレジット残高を使い果たした後に Unlimited モードでインスタンスによって消費されるクレジットは、余剰クレジットと呼ばれます。余剰クレジット料金が発生する時期については、余剰クレジットにより料金が発生することがあるを参照してください。

Amazon CloudWatch メトリクス CPUSurplusCreditsCharged を使用して、インスタンスに対して課金される余剰クレジットを確認できます。詳細については、バーストパフォーマンスインスタンスの追加 CloudWatch メトリクスを参照してください。

Unlimited モードの EC2 バースト可能インスタンスがどのようにクレジットを消費し、課金されるかの例については、Unlimited モードの例を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?