標準リポジトリで利用できないパッケージのインストールを可能にする Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) リポジトリを有効にする必要があります。

標準リポジトリでは、Centos、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、または Amazon Linux ベースのディストリビューションにインストールする必要があるパッケージを提供することはできません。EPEL リポジトリを有効にすると、追加のパッケージインストールオプションを選択可能になります。

以下の手順に従って、Centos、RHEL、または Amazon Linux ベースのディストリビューションで EPEL リポジトリをダウンロードし、インストールして、有効にします。

  1. まだインストールされていない場合は wget をインストールします。wget は、EPEL の rpm パッケージのダウンロードに必要です。
         sudo yum install wget
  2. システムアーキテクチャに対応する EPEL rpm パッケージをダウンロードします。
    Centos/RHEL 7 64-bit
         sudo wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
    Centos/RHEL 6 64-bit
         sudo wget http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
    Centos/RHEL 6 32-bit
         sudo wget http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
    Amazon Linux - the EPEL rpm package is already downloaded on Amazon Linux.
  3. システムアーキテクチャに対応する EPEL rpm パッケージをインストールして有効にします。
    Centos/RHEL 7 64-bit
         sudo rpm –ivh epel-release-7-5.noarch.rpm
    Centos/RHEL 6 64-bit
         sudo rpm –ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
    Centos/RHEL 6 32-bit
         sudo rpm –ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
    Amazon Linux - EPEL リポジトリはすでに Amazon Linux にインストールされていますが、epel.repo ファイルを更新することで有効にする必要があります。以下のコマンドは、vim エディターを使用した epel.repo ファイルの更新を示しています。
         vim /etc/yum.repos.d/epel.repo
    a. enabled=0 を見つけて enabled=1 に変更します。これは、epel.repo ファイルの $basearch セクションにあります。
    b. 変更を保存し、vim エディターを終了します。

    この変更を行った後、Shift キー + コロン(:)を押すと、vim のエディターで新しいコマンド入力ボックスが開きます。「wq」と入力し、Enter キーを押して、変更を保存したら、vim を終了します。
    または、yum-config-manager を使用すると、epel.repo ファイルを手動で編集することなく、Amazon Linux で EPEL リポジトリを有効にすることができます。
         sudo yum-config-manager --enable epel
  4. EPEL リポジトリが有効になっていることを確認するには、以下のコマンドを実行します。
         sudo yum repolist
  5. この時点で、EPEL を使用して、インストールされたパッケージを検索する必要があります。ただし、EPEL を直接ポーリングされていることを確認する場合は、以下のコマンドをターミナルセッションから入力して、zabbix をインストールします。
         sudo yum –-enablerepo=epel install zabbix

    この手順を実行するかどうかは全くの任意です。zabbix は、epel リポジトリからダウンロードできる多くのアプリケーションの 1 つであるため、そのインストールを例示目的で使用しています。

Amazon EC2, Linux, EPEL リポジトリの有効化, リポジトリ, RHEL, Centos, epel.repo, yum-config-manager, AMI


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。