RHEL 7 または RHEL 8 を実行している EC2 インスタンスのコンソールログにユーザーデータ出力を送信するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 8 月 14 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Linux RHEL 7 または RHEL 8 インスタンスのブートストラップに関してトラブルシューティングを行おうとしています。ユーザーデータの呼び出しをログに記録し、コンソールに送信する方法を教えてください。

簡単な説明

インスタンスへの SSH を介したアクセスを行わずに EC2 インスタンスのブートストラップで発生する問題をトラブルシューティングするには、ユーザーデータの Bash スクリプトにコードを追加し、すべての出力を /var/log/user-data.log/dev/console の両方にリダイレクトします。このコードが実行されると、ユーザーデータの呼び出しを記録したログがコンソールに表示されます。

注: この解決方法は、RHEL 7 および RHEL 8 でのみ有効です。Amazon Linux および Amazon Linux 2 に関しては、How can I send user-data output to the console logs on an EC2 instance running Amazon Linux or Amazon Linux 2? をご参照ください。

解決方法

1.    Amazon EC2 コンソールを開きます。

2.    新しいインスタンスを起動し、そのインスタンスに SSH 接続します。

3.    /etc/default/grub にある GRUB_CMDLINE_LINUX 行を編集し、「console=ttyS0,115200n8 console=tty0」を「console=tty1 console=ttyS0」に変更します。

RHEL 7:

# cat /etc/default/grub
GRUB_TIMEOUT=1
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="console=tty1 console=ttyS0 net.ifnames=0 rd.blacklist=nouveau crashkernel=auto"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"

RHEL 8:

# cat /etc/default/grub
GRUB_TIMEOUT=1
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="console=tty1 console=ttyS0 net.ifnames=0 rd.blacklist=nouveau nvme_core.io_timeout=4294967295 crashkernel=auto"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
GRUB_ENABLE_BLSCFG=true

4.    /boot/grub2/grub.cfg ファイルを再作成します。

RHEL 7:

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-1062.1.2.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-1062.1.2.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-0-rescue-026767dbe06a4910a5ce3bd0def903c0
Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-026767dbe06a4910a5ce3bd0def903c0.img
done

RHEL 8:

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
done

5.   インスタンスを停止します

6.    変更したインスタンスから新しい AMI を作成します。

7.    新しい AMI から新しいインスタンスを起動します。

8.    次のコマンドを入力して、ユーザデータ出力コンソールをリダイレクトします。

#!/bin/bash -xe
exec > >(tee /var/log/user-data.log|logger -t user-data -s 2>/dev/console) 2>&1
  yum -y update
  echo "Hello from user-data!"

以下の行で、ユーザーデータ出力をリダイレクトします。

exec > >(tee /var/log/user-data.log|logger -t user-data -s 2>/dev/console) 2>&1

以下は、コンソール出力の例です。

RHEL 7:

  subscription-manager.x86_64 0:1.24.26-3.el7_8
  subscription-manager-rhsm.x86_64 0:1.24.26-3.el7_8
  subscription-manager-rhsm-certificates.x86_64 0:1.24.26-3.el7_8
  sudo.x86_64 0:1.8.23-9.el7
  systemd.x86_64 0:219-73.el7_8.8
  systemd-libs.x86_64 0:219-73.el7_8.8
  systemd-sysv.x86_64 0:219-73.el7_8.8
  teamd.x86_64 0:1.29-1.el7
  tuned.noarch 0:2.11.0-8.el7
  tzdata.noarch 0:2020a-1.el7
  util-linux.x86_64 0:2.23.2-63.el7
  yum.noarch 0:3.4.3-167.el7
  yum-utils.noarch 0:1.1.31-54.el7_8

Replaced:
  iwl7265-firmware.noarch 0:22.0.7.0-72.el7

Complete!
+ echo 'Hello from user-data!'
Hello from user-data!

RHEL 8:

Installed:
  grub2-tools-efi-1:2.02-82.el8_2.1.x86_64

  kernel-4.18.0-193.13.2.el8_2.x86_64

  kernel-core-4.18.0-193.13.2.el8_2.x86_64

  kernel-modules-4.18.0-193.13.2.el8_2.x86_64

  linux-firmware-20191202-97.gite8a0f4c9.el8.noarch

Complete!
+
echo 'Hello from user-data!'
Hello from user-data!

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?