コンソールでリザーブドインスタンスが「リタイヤ」と表示されるのはなぜですか?

最終更新日: 2019 年 6 月 19 日

リザーブドインスタンスの割安料金を受けることができません。リザーブドインスタンスはリタイヤとして表示されます。なぜでしょうか?

解決方法

請求およびコスト管理コンソールでリザーブドインスタンスがリタイヤと表示されるのは、次の理由があります。

  • リザーブドインスタンスの期限が切れた。 期限が切れると、割安料金やキャパシティ予約料金を受けられなくなり、リザーブドインスタンスはコンソールでリタイヤとマークされます。
  • リザーブドインスタンスの前払い料金が正常に処理されず、新しい請求期間が始まった。 リザーブドインスタンスの前払い料金が正常に処理されなかった場合、料金の支払いが正常に再試行されるまで支払い保留状態のままになります。料金が支払い保留状態にあり、新しい請求期間が始まると、リザーブドインスタンスはリタイヤ状態に移行し、前払い料金の支払いを再試行することはできません。
  • リザーブドインスタンスが変更された。 リザーブドインスタンスが変更されると、古いリザーブドインスタンスはコンソールでリタイヤとマークされます。
  • RI Marketplace でリザーブドインスタンスを売却した。 リザーブドインスタンスを売却すると、コンソールでリタイヤとマークされます。

リタイヤ状態のリザーブドインスタンスをアクティブ化することはできませんが、同じ設定で新しいリザーブドインスタンスを購入することはできます。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合