EC2Rescue を使用して Amazon EC2 Windows インスタンスの問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 11 月 17 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Windows インスタンスで、次のいずれかの問題が発生しています。

  • Amazon EC2 Windows インスタンスに接続できない。
  • 起動の問題が発生している。
  • 復元アクションを実行する必要がある。
  • ディスク署名の衝突などの一般的な問題を修正する必要がある。
  • 分析とトラブルシューティングのためにオペレーティングシステム (OS) ログを収集する必要がある。

EC2Rescue を使用してこれらの問題を解決する方法を教えてください。

簡単な説明

EC2 Windows 用の EC2Rescue は、Amazon EC2 Windows サーバーインスタンスで実行できるトラブルシューティングツールです。このツールを使用して、OS レベルの問題をトラブルシューティングし、詳細な分析のために詳細なログと設定ファイルを収集します。EC2Rescue が対処できる一般的な問題は次のとおりです。

  • ファイアウォール、リモートデスクトッププロトコル (RDP)、またはネットワークインターフェイス設定が原因で発生する、インスタンス接続の問題。
  • ブルースクリーンまたは STOP エラー、ブートループ、またはレジストリの破損が原因で発生する、OS の起動の問題。
  • 詳細なログ分析とトラブルシューティングが必要な可能性がある問題。

: Amazon EC2 Windows インスタンスのスクリーンショットをキャプチャして、インスタンスの状態を確認できます。

AWS Systems Manager AWSSupport-ExecuteEC2Rescue オートメーションドキュメントを使用して、EC2Rescue を手動または自動で実行できます。

システム要件

EC2Rescue には、以下の Amazon EC2 Windows インスタンスが必要です。

  • Windows Server 2008 R2 以降で実行されるインスタンス
  • .NET Framework 3.5 SPI 以降がインストールされているインスタンス
  • RDP 接続からアクセス可能なインスタンス

: EC2Rescue は Windows Server 2008 R2 以降でのみ実行されますが、ツールは Windows Server 2008 以降のオフラインボリュームを分析できます。

解決方法

まず、システムマネージャー AWSSupport-ExecuteEC2Rescue オートメーションドキュメントを使用するか、EC2Rescue を手動で実行するかを選択します。次に、選択した方法に応じて、以下の手順に従います。

システムマネージャー AWSSupport-ExecuteEC2Rescue オートメーションドキュメントを使用する

AWSSupport-ExecuteEC2Rescue オートメーションドキュメントでは、AWS Lambda 関数とシステムマネージャーおよび AWS CloudFormation アクションを組み合わせて、EC2Rescue の手順を自動化します。ドキュメントの動作、アクセス許可要件、およびツールを使用するための前提条件の詳細については、「到達不能インスタンスで EC2Rescue ツールを実行する」を参照してください。

重要: オートメーションワークフローでインスタンスが停止します。このインスタンスにインスタンスストアボリュームがある場合、インスタンスが停止すると、そのボリューム上のデータはすべて失われます。Elastic IP アドレスを使用していない場合、インスタンスが停止するとパブリック IP アドレスが解放されます。

準備ができたら、システムマネージャー AWSSupport-ExecuteEC2Rescue オートメーションドキュメントを実行します。

EC2Rescue を手動で実行する

次のいずれかの方法を使用して、EC2Rescue を手動で実行できます。

まず、Amazon EC2 Windows インスタンスで EC2Rescue をダウンロードします。

: AWSSupport-RunEC2RescueForWindowsTool Systems Manager Run Command ドキュメントメソッドは、Windows サーバー用の EC2Rescue をダウンロードして検証します。

次に、EC2Rescue を使用して Amazon EC2 Windows サーバーインスタンスの問題のトラブルシューティングを行います。

  • インスタンス接続の問題: [オフラインインスタンス] モードで [診断とレスキュー] 機能を使用します。
  • OS 起動の問題: [オフラインインスタンス] モードで [復元] 機能を使用します。
  • 詳細なログとトラブルシューティング: [現在のインスタンス] モードまたは [オフラインインスタンス] モードのいずれかで、[ログのキャプチャ] 機能を使用します。

[現在のインスタンス] モード

このモードは、EC2Rescue が現在実行しているインスタンスを分析します。[現在のインスタンス] モードは読み取り専用で、現在のインスタンスは変更されないため、このモードでは問題は直接修正されません。[現在のインスタンス] モードを使用して、分析またはシステム管理者または AWS サポートに送信するために、システム情報とログを収集します。

機能

システム情報: 現在のシステムに関する重要なシステム情報をテキストボックスに表示し、簡単にコピーできます。

ログのキャプチャ: まず、関連するトラブルシューティングログのリストから選択します。この機能により、このようなログが自動的に収集され、指定した名前と場所で zip 形式のフォルダにパッケージ化されます。

[オフラインインスタンス] モード

このモードでは、オフラインシステムのボリュームを選択できます。EC2Rescue ボリュームを分析し、自動レスキューと復元オプションを表示します。[オフラインインスタンス] モードには、 [現在のインスタンス] モードと同じ [ログのキャプチャ] 機能も含まれています 。

機能

システム情報: 現在のシステムに関する重要なシステム情報をテキストボックスに表示し、簡単にコピーできます。

ディスクの選択: 複数のオフラインルートボリュームがインスタンスに接続されている場合、この機能を使用して特定のボリュームを選択できます。

: 選択したディスクがまだオンラインになっていない場合、この機能によってディスクが自動的にオンラインになります。

診断とレスキュー: RDP 接続を妨げる、またはインスタンスステータスチェックが失敗する原因となる一般的な設定の問題を検出し、自動的に修正するオプションを提供します。設定の問題の可能性がないかを確認するには、次の項目を検査します。

  • システム時刻設定
  • Windows ファイアウォールの設定
  • リモートデスクトップの設定
  • EC2Config のバージョンと設定 (Windows Server 2012 R2 以前)
  • EC2Launch のバージョンと設定 (Windows Server 2016 以降)
  • ネットワークインターフェイスの設定

復元: オフラインインスタンスを [前回正常起動時の設定] または [バックアップからレジストリを復元する] に起動するように設定します。レジストリが正しく設定されていない、または破損していると思われる場合は、この機能を使用してください。

ログのキャプチャ: まず、関連するトラブルシューティングログのリストから選択します。この機能により、このようなログが自動的に収集され、指定した名前と場所で zip 形式のフォルダにパッケージ化されます。