Amazon ECS サービスのタスクが相互に通信できるよう許可する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 4 月 6 日

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) のサービスのタスクが相互に通信できるよう許可したいと考えています。

簡単な説明

サービス検出を使用して、タスクが相互に通信することを許可できます。サービス検出は、Amazon ECS サービスの HTTP および DNS 名前空間を管理するのに役立ちます。

注意: サービス検出は、A および SRV の DNS レコードタイプをサポートします。DNS レコードは Amazon ECS サービスでタスクが開始または停止する度に、自動で追加および削除されます。Amazon ECS サービスに接続する必要があるタスクまたはアプリケーションは、DNS レコードから既存のタスクを見つけることができます。

解決方法

重要: サービス検出を使用するように既存のサービスを更新したり、サービスの作成後にサービス検出の設定を変更したりすることはできません。サービス検出は、新しいサービスの作成時にのみ設定できます。

サービス検出を開始する前に、サービス検出を参照し、サービス検出に関する考慮事項を確認してください。

Amazon ECS コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用して、サービス検出を設定します。

重要: サービス検出を設定したら、 YourServiceDiscoveryServiceName.YourServiceDiscoveryNamespace 形式を使用して、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のサービス検出サービスの DNS レコードをクエリします。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合