Amazon EFS バーストクレジットの仕組み

最終更新日: 2020 年 5 月 6 日

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムは、パフォーマンスが作成した直後は優れてましたが、現在は大幅に低下しています。これは、バーストクレジットと関係がありますか。

簡単な説明

ファイルベースのワークロードは通常高低差が大きく、短期間では高レベルのスループットを達成しますが、長期間では低レベルのスループットになります。Amazon EFS は、一定期間は高いスループットレベルのバーストになるように設計されています。

ファイルシステムには、バーストスループットとプロビジョンドスループットの 2 つのスループットモードがあります。バーストスループットモードでは、ファイルシステムの拡大に合わせて Amazon EFS のスループットがスケールされます。プロビジョンドスループットモードでは、保存されるデータの量とは無関係に、ファイルシステムのスループットを即座にプロビジョニングできます。詳細については、スループットモードをご参照ください。

解決方法

バーストスループット

すべてのファイルシステムには許可されたスループットがあります。これは、任意の時点でファイルシステムが処理できる最大スループットです。この許容されたスループットは、ベースラインスループットまたはバーストスループットのいずれかです。

ベースラインスループットとバーストスループットは、両方ともファイルシステムのサイズに依存します。計測処理はほぼ毎時間実行され、ファイルシステムのサイズを決定します。決定されたサイズに基づいて、プロセスはベースラインおよびバーストスループットレートを設定します。Amazon EFS ライフサイクル管理が有効になっている場合、標準ストレージクラスのデータのサイズのみが考慮されます。

Amazon EFS では、ファイルシステムがバーストできる時期を決定するのにクレジットシステムを使用しています。ファイルシステムのクレジットバランスがゼロに落ちると、許可されるスループットレートはベースラインスループットに低下します。ベースラインスループットで実行する場合、取得するのと同じレートでクレジットを使用します。

正のバーストクレジットバランスがある場合、バーストスループットでファイルシステムを実行することができます。ただし、バーストスループットで実行する場合は、取得するよりも速くクレジットを使用します。このペースが続く場合、すべてのクレジットを使い切り、バーストクレジットバランスはゼロに落ちます。

新しいファイルシステムは、2.1 TiB のバーストクレジットで開始します。そのため、システムにデータやメタデータが保存されていないにもかかわらず、新しいファイルシステムをバーストスループットで駆動できます。バーストクレジットを使用すると、新しいシステムのパフォーマンスが低下します。

詳細については、バーストモードを使用したスループットスケーリングをご参照ください。

プロビジョンドスループット

プロビジョンドスループットを使用すると、ファイルシステムのスループットを即座にプロビジョニングし、アプリケーションに必要な高レベルのスループットを得ることができます。このプロビジョニングは、保存されるデータ量とは無関係です。詳細については、プロビジョンドモードでのスループットの指定をご参照ください。

プロビジョンドスループットモードの使用には、追加料金がかかります。プロビジョンドスループットモードを使用すると、使用するストレージおよび個別にプロビジョニングしたスループットに対して課金されます。詳細については、Amazon EFS の料金をご参照ください。

プロビジョンドスループットモードとバーストスループットモードの間で変更することができます。ただし、前回のスループットモードの変更から 24 時間を超えている必要があります。プロビジョニンドスループットの値は必要に応じて何回でも増やすことができますが、プロビジョンドスループットの値を減らすことができるのは 24 時間に 1 回のみです。

ファイルシステムの計測サイズが、プロビジョンドスループットよりもベースラインレートが高い場合、ファイルシステムはデフォルトでバーストスループットモデルになります。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合