EFS ファイルシステム上でスループットモードを変更すると、「maximum number of throughput mode changes or provisioned throughput value decreases」(スループットモードの最大変更数またはプロビジョンドスループット値の減少) エラーを受け取るのはなぜですか?

最終更新日: 2022 年 6 月 8 日

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムのスループットモードを変更する際に、次のエラーメッセージが表示されます。または、プロビジョンドスループットモードを使用して EFS ファイルシステムのプロビジョンドスループットを減少するときにエラーが発生します。

「You have reached the maximum number of throughput mode changes or provisioned throughput value decreases.Wait until YYYY-MM-DDTxx:xx:xxZ UTC and try again.」(スループットモードの変更の最大数に達したか、プロビジョンドスループット値が減少しました。YYYY-MM-DDTxx:xx:xxZ UTC まで待ってから、もう一度お試しください。)

このエラーをトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

解決方法

プロビジョンドスループットモードでは、EFS ファイルシステムは、指定されたスループットレベルに基づいて、ファイルシステムのサイズやバーストクレジットバランスとは無関係にスループットレベルを制御します。プロビジョンドスループットモードの EFS ファイルシステムでは、ファイルシステムのプロビジョンドスループット値を制限なしでいつでも増やすことができます。

ただし、Amazon EFS では、次の変更を 24 時間で 1 回に制限しています。

  • ファイルシステムのスループットモードを変更する。例: プロビジョンドスループットからバーストスループットに、またはバーストスループットからプロビジョンドスループットに変更。
  • プロビジョンドスループットモードでプロビジョンドスループットの量を減らす。

前述のオプションを 24 時間以内に 2 回以上変更しようとすると、スループットモードの最大変更数エラーが発生します。エラーメッセージに記載された時間まで待ってから、変更を試みてください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?