Amazon EKS でサービスアカウントの IAM ロール (IRSA) 機能を使用して、Amazon S3 バケットへのアクセスを制限するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 10 月 11 日

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) のポッドレベルで Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスを制限したいと考えています。また、サービスアカウントの AWS Identity and Access Management (IAM) ロール (IRSA) を使用して、アプリケーションに対して最小限の特権を保持したいと考えています。

解決方法

重要: Amazon EKS で IRSA を使用する前に、クラスター用の IAM OIDC プロバイダーを作成する必要があります。

IAM ポリシーとロールを作成する

1.    iam-policy.json という名前の JSON ファイルを作成します。

次のポリシー例では、Amazon S3 および Amazon DynamoDB のアクセス許可を制限しています。IAM ユーザーは、1 つの S3 バケットにアクセスし特定の DynamoDB テーブルにアクセスできます。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "ListAndDescribe",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "dynamodb:List*",
                "dynamodb:Describe*"
            ],
            "Resource": "arn:aws:dynamodb:*:*:table/YOUR_TABLE"
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:ListBucket"
            ],
            "Resource": "arn:aws:s3:::YOUR_BUCKET"
        },
        {
            "Sid": "List",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:GetObject",
                "s3:GetObjectVersion"
            ],
            "Resource": "arn:aws:s3:::YOUR_BUCKET/*"
        }
    ]
}

注: YOUR_TABLE を自分のテーブルに置き換えます。YOUR_NAMESPACE を自分の名前空間に置き換えます。

2.    YOUR-IAM-POLICY という名前の IAM ポリシーを作成します。

$ aws iam create-policy \
    --policy-name YOUR-IAM-POLICY \
    --policy-document file://iam-policy.json

注: YOUR-IAM-POLICY を自分のポリシー名に置き換えます。

3.    IAM コンソールを使用してサービスアカウントの IAM ロールを作成し、その IAM ロールでサービスアカウントに注釈を付けます。または、eksctl を使用して、サービスアカウントの IAM ロールを作成します。例:

$ eksctl create iamserviceaccount \
  --name YOUR-SERVICEACCOUNT \
  --namespace YOUR-NAMESPACE \
  --cluster YOUR-CLUSTER \
  --attach-policy-arn arn:aws:iam::1111122222:policy/YOUR-IAM-POLICY \
  --approve

注: 1111122222 を Amazon リソースネーム (ARN) に置き換えてください。IAM コンソールを使用して、サービスアカウントの IAM ロールを作成することもできます。

Amazon EKS ポッドを作成します。

次の手順では、独自のアプリケーションを aws-cli image に置き換えます。これにより、ポッドが正しい IAM アクセス許可を持つ指定された IAM ロールを引き受けることができるかどうかを確認できます。

1.    aws-cli-pod.yaml という名前の YAML ファイルを作成します。例:

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: aws-cli
  namespace: YOUR_NAMESPACE
spec:
  serviceAccountName: YOUR_SERVICEACCOUNT
  containers:
  - name: aws-cli
    image: amazon/aws-cli:latest
    command:
      - sleep
      - "3600"
    imagePullPolicy: IfNotPresent
  restartPolicy: Always

注: YOUR_NAMESPACE を自分の名前空間に置き換えます。SERVICE_ACCOUNT を自分の Kubernetes サービスアカウント名に置き換えます。

2.    次のように、Amazon EKS クラスターを作成します。

$ kubectl apply -f ./aws-cli.yaml

Amazon EKS ポッドをテストする

ポッドが Amazon S3 および DynamoDB の制限アクションで正しい IAM ロールを使用していることを確認します。次の例では、ポッドは S3 バケット (YOUR_BUCKET) と DynamoDB テーブル (YOUR_TABLE) のみを一覧表示できます。

1.    認証情報を使用している IAM ロールを見つけます。

$ kubectl exec -it aws-cli -- aws sts get-caller-identity

出力:

{
    "UserId": "AIDACKCEVSQ6C2EXAMPLE:botocore-session-1111122222",
    "Account": "111122223333",
    "Arn": "arn:aws:sts::111122223333:assumed-role/eksctl-EKS-LAB-addon-iamserviceaccount-defau-Role1-ASA1UEXAMPLE/botocore-session-1111122222"
}

2.    ポッドに S3 バケット (YOUR_BUCKET) に対する s3:ListBuckets アクセス許可があることを確認します。

$ kubectl exec -it aws-cli -- aws s3 ls s3://YOUR_BUCKET

注: YOUR_BUCKET を自分の IRSA に置き換えてください。

出力:

2021-09-28 09:59:22        269 demo-test-file

3.    ポッドが S3 バケット (YOUR_BUCKET) を削除できないことを確認します。

$ kubectl exec -it aws-cli -- aws s3 rm s3://YOUR_BUCKET/demo-test-file

注: YOUR_BUCKET を自分の S3 バケットに置き換えてください。

ポッドに s3: DeleteObject アクセス許可がないため、コマンドは次の「アクセスが拒否されました」エラーを返します。

delete failed: s3://YOUR_BUCKET/demo-test-file An error occurred (AccessDenied) when calling the DeleteObject operation: Access Denied
command terminated with exit code 1

4.    ポッドに DynamoDB テーブル (YOUR_TABLE) に対する dynamodb:List アクセス許可があることを確認します。

$ kubectl exec -it aws-cli -- aws dynamodb describe-table --table-name YOUR_TABLE

注: YOUR_TABLE を自分の DynamoDB テーブルに置き換えてください。

出力:

{
    "Table": {
        "AttributeDefinitions": [
            {
                "AttributeName": "demo",
                "AttributeType": "S"
            }
        ],
        "TableName": "YOUR_TABLE",
        "KeySchema": [
            {
                "AttributeName": "demo",
                "KeyType": "HASH"
            }
        ],
        "TableStatus": "ACTIVE",
        "CreationDateTime": "2021-09-28T10:05:53.599000+00:00",
        "ProvisionedThroughput": {
            "NumberOfDecreasesToday": 0,
            "ReadCapacityUnits": 5,
            "WriteCapacityUnits": 5
        },
        "TableSizeBytes": 0,
        "ItemCount": 0,
        "TableArn": "arn:aws:dynamodb:eu-west-1:000000000000:table/YOUR_TABLE",
        "TableId": "42bd1238-e042-4016-b6b2-77548939c101"
    }
}

5.    ポッドが DynamoDB テーブル (YOUR_TABLE) を削除できないことを確認します。

$ kubectl exec -it aws-cli -- aws dynamodb delete-table --table-name YOUR_TABLE

注: YOUR_TABLE を自分の DynamoDB テーブルに置き換えてください。

ポッドに dynamodb:DeleteTable アクセス許可がないため、コマンドは次の「アクセスが拒否されました」エラーを返します。

An error occurred (AccessDeniedException) when calling the DeleteTable operation: User: arn:aws:sts::1111122222:assumed-role/eksctl-EKS-LAB-addon-iamserviceaccount-defau-Role1-ASA1U7NRNSEC/botocore-session-1632822777 is not authorized to perform: dynamodb:DeleteTable on resource: arn:aws:dynamodb:eu-west-1: 1111122222:table/MyTable
command terminated with exit code 254

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?