Amazon ElastiCache ノードで予定されたメンテナンスウィンドウの通知を受けましたが、予定されたメンテナンスを延期する必要があります。どのようにすればよいですか?

AWS は、定期的に ElastiCache ノードのメンテナンスウィンドウを予定します。通常は ElastiCache インスタンスの基盤ハードウェアを更新することが目的です。メンテナンスウィンドウが予定されると、AWS は ElastiCache のお客様に通知します。これは、メンテナンスウィンドウ中に関連する ElastiCache ノードがアクセス不可能になるためです。

予定されたメンテナンス保守を最長で 1 週間延期することはできますが、メンテナンスウィンドウが予定されるより前に変更することはできません。予定されたメンテナンスウィンドウの前に手動でノードを置き換えることもできます。置換をご自身で管理する場合、ノードの予定された更新はノードの再作成時に即時行われ、予定されていたメンテナンスウィンドウはキャンセルされます。

使用中の ElastiCache のタイプ (Redis または Memcached) に応じて、他のオプションを利用できます。メンテナンスウィンドウを将来のもっと都合のよい時間に変更するには、ModifyCacheCluster API を使用するか、ElastiCache コンソールで [変更] を選択します。Memcached では、クラスターを削除して再作成するだけで済みます。これらのオプションの詳細については、「Amazon ElastiCache メンテナンスのヘルプページ」を参照してください。

注意: ElastiCache は、計画されたアップグレードまたはパッチについてのみ、予定されたメンテナンスウィンドウの通知をお客様に送信します。通常のオペレーション中にキャッシュクラスターの優先メンテナンスウィンドウを調整するには、「ElastiCache クラスターの変更」またはレプリケーショングループの変更」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 1 月 27 日

更新日: 2018 年 12 月 05 日