Amazon WorkMail でメールを他のメールアドレスに転送するルールを作成したいと思っています。どのようにすればよいですか?

  1. E メールのリダイレクト元になるアカウントのユーザーアカウント認証情報を使用して WorkMail ウェブアプリケーションにサインインします。
  2. 右上にある歯車のアイコンを選択し、左のナビゲーションペインにある [E メールルール] を選択して、[新規] を選択します。
  3. [ルール名] フィールドに名前を入力し、[アクティブなルール] が選択されていることを確認します。
  4. [条件] で、ドロップダウンメニューを選択し、このルールに適用する条件を選択します。たとえば、[自分のみに送信]、[受信元]、[これらの単語を件名に含む] などです。
  5. [アクション] で、ドロップダウンメニューを選択し、[メッセージの転送先]、[受信者の選択] の順に選択します。次に、E メールの転送先の E メールアドレスを [送信先] フィールドに入力し、[Ok] を選択します。
  6. (オプション) [メッセージの削除] や [メッセージをフォルダに移動] などのアクションを追加することもできます。
  7. [Ok] を選択してルールを閉じます。
    注: メッセージは外部のメールアドレス、WorkMail ユーザー、リソース、およびグループに転送することはできますが、連絡先フォルダー内の個人的な [Distribution Lists (配布先リスト)] に転送することはできません。
  8. [Save Changes] を選択します。

受信者にはお客様からの E メールが表示され、受信したメッセージのコピーが、受信トレイまたはメッセージの元の配信先であるフォルダに残ります。

注: WorkMail の転送はメールボックスレベルで行われます。このルールでは E メールの件名行の先頭に「FW:」と追加され、「ルールによって自動転送」と追加してメッセージ形式が変更されます。さらに、ルールで指定されたアカウントにメッセージが転送されます。エラーで戻ってきたメールは転送されません。

リダイレクトルールを作成するには、「Amazon WorkMail でメールをリダイレクトするルールを設定するにはどうすればよいですか?」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 12 月 27 日

更新 : 2018 年 7 月 31 日