EC2 インスタンスで拡張ネットワークを有効化および設定するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 3 月 16 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを実行していますが、拡張ネットワークを有効化しようと考えています。拡張ネットワーキングとは何ですか? どのような場合に必要ですか?

簡単な説明

拡張ネットワークは、高い帯域幅、1 秒あたりのパケット (PPS) の高いパフォーマンス、一貫して低いインスタンス間レイテンシーを実現します。

Amazon EC2 インスタンスには、VIF、インテル 82599 VF、Elastic Network Adapter (ENA) という 3 つの異なる仮想ネットワークアダプタがあります。最新のインスタンスタイプおよびアダプタについては、「Linux の拡張ネットワーキング」および「Windows インスタンスで Intel 82599 VF インターフェイスを使用して拡張ネットワーキングを有効化する」を参照してください。

拡張ネットワーキングの使用を検討する場合は、次の点に注意してください。

  • 1 秒あたりのパケットレートが上限に達した場合は、拡張ネットワーキングへの移行を検討してください。レートが上限に達した場合は、仮想ネットワークインターフェイスドライバーの上限に達している可能性があります。
  • スループットが VIF ドライバーで毎秒 20K パケット (PPS) 前後か、または超過している場合は、拡張ネットワークを使用するのがベストプラクティスです。
  • インスタンスで、最も低いレイテンシーと最も高いネットワークパフォーマンス (1 秒あたりパケット数) を実現するには、クラスタープレイスメントグループを使用することをお勧めします。
  • インスタンス間で最大 10 Gbps の速度を達成する必要がある場合は、インスタンスを拡張ネットワークインスタンスタイプのクラスタープレイスメントグループに起動します。このようなインスタンスタイプは物理的に近接して配置されるため、レイテンシーがさらに短縮され、転送速度が向上します。
  • インスタンス間で最大 25 Gbps の速度に到達する必要がある場合は、ENA 互換インスタンスとともにクラスタープレイスメントグループでインスタンスを起動します。その後、インスタンス間でトラフィックに複数のフローがあることを確認します。

解決方法

Linux

インスタンスとアダプタのタイプに応じて、次の 2 つのガイドのいずれかに従います。

インスタンスタイプに対して拡張ネットワーキングドライバーを有効にするステップを完了したら、ネットワークまたはカーネルの調整を実行することを検討してください。できるだけ多くのシステムパフォーマンスを達成するには、ワークロードに合わせてカーネルに加える必要のある変更を評価するための集中的な調査とテストが必要です。ほとんどのワークロードでは、デフォルトのネットワークカーネルパラメータで問題ありません。ただし、ワークロードによっては、スループットを最適化するために調整が必要になる場合があります。

観察可能な動作とメトリクスに基づいてカーネルのチューニングを実行するのがベストプラクティスです。可能な場合は、オペレーティングシステムまたはアプリケーションが提供するガイダンスに従ってください。OS またはアプリケーションが提供する情報は、実際のシナリオを反映しています。例えば、データベースサーバーのカーネルの調整は、ワークロードの特性が異なるため、ウェブサーバーのカーネル調整とは異なります。

Windows

拡張ネットワーキングの詳細については、「Windows での拡張ネットワーク」を参照してください。Elastic Network Interface ドライバーは、Windows Server 2008 R2 以降のすべての Amazon AMI にインストールされています。

Elastic Network Interface の詳細については、「Windows インスタンスにおける Elastic Network Adapter (ENA) を使用した拡張ネットワーキングの有効化」を参照してください。