AWS 製品のリセラーとして、AWS ツールを使ってエンドユーザーに対する請求を計算する方法を教えてください。

料金と請求の構成はリセラーごとに異なるので、各リセラーは、特化した独自のレポートと請求書の構成をデザインするのがベストです。

リセラーは、AWS のコストと使用状況レポートを使用してエンドユーザーへの請求額を計算できます。特に、コストがどのように発生しているのかを特定するためにコスト割り当てタグを使用している場合に役立ちます。

エンドカスタマーへの請求を計算する際には、ブレンドされていないレートを使用していることを確認してください。ブレンドレートは平均であり、実際の請求率を反映したものではないからです。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 2 月 26 日

更新: 2018 年 2 月 21 日