Amazon EC2 Linux インスタンスの Amazon EBS ルートボリュームを拡張するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 5 月 23 日

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) Elastic Volumes 機能を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Linux インスタンスの EBS ルートボリュームを拡張するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon EBS Elastic Volumes 機能を使用して、現行世代のインスタンスで実行されている EC2 Linux の EBS ルートボリュームを、ボリュームのデタッチと再アタッチをすることなく拡張します。旧世代のインスタンスで実行されている EC2 Linux の EBS ルートボリュームを拡張するには、ボリュームをデタッチしてから再アタッチする必要があります。

解決方法

注: AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

EBS ボリューム変更の準備をする

1.    変更中の障害を避けるために、「ボリューム変更時の要件」を確認してください。

2.    Linux インスタンスでのボリュームパフォーマンスのベストプラクティスを確認します。これにより、変更されたボリュームは、シナリオに必要なパフォーマンス特性を提供できます。

3.    EBS ボリュームの変更方法を確認し、ボリュームを拡張する前に潜在的な問題を特定してそれに対処します。例えば、2016 年 11 月 3 日より前に現行世代のインスタンスにアタッチされたボリュームでは、Amazon EBS Elastic Volumes 機能を初期化するために、インスタンスを停止して再起動するか、またはボリュームをデタッチして再アタッチする必要があります。これは 1 回限りの要件です。

警告: インスタンスを停止すると、全ての インスタンスストアボリュームのデータが消去されます。したがって、インスタンスストアボリュームに保持したいデータがある場合は、必ず永続的ストレージにバックアップしてください。

ボリュームの作成日を決定するには、Amazon EC2 コンソールを開き、[ボリューム] を選択します。Created フィールドには、ボリュームの作成日がリストされます。

ボリュームの最新のアタッチ時刻 (作成時刻より新しい時刻である可能性がある) を表示するには、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用します。

次のコマンドは、カットオフ日より前にアタッチされた直近のボリュームのクエリを発行します。

aws ec2 describe-volumes --region us-east-1 --query "Volumes[?Attachments[?AttachTime<='2016-11-01']].{ID:VolumeId}" --output text

出力は、注意が必要なボリュームの ID のテキストリストです。

vol-0EXAMPLE
vol-5EXAMPLE
vol-4EXAMPLE
vol-bEXAMPLE
vol-0db1c57561EXAMPLE
vol-06f90d0c16EXAMPLE

Amazon EBS Elastic Volumes を使用できない場合は、EC2 Linux インスタンスの EBS ルートボリュームを拡張します。

EBS ボリュームを変更する

1.    EC2 インスタンスに Amazon EBS Elastic Volumes を使用します。EBS ボリュームの変更をリクエストして、EC2 Linux インスタンスの EBS ルートボリュームを拡張します。

2.    EC2 Linux インスタンスの EBS ルートボリュームを拡張した後、Linux ファイルシステムを拡張します。