Alessandroは、EC2 Linuxインスタンスのボリュームを動的に拡張する方法を表示します
ボリュームを動的に拡張

expand-ebs-root-volume-windows-alessandro

Amazon EBS エラスティックボリューム機能を使用して、EC2 LinuxインスタンスのEBSベースのルートボリュームを拡張するにはどうすればよいですか?

現在の世代のインスタンスで動作するEC2 LinuxのEBSルートボリュームを拡張する場合は、 Amazon EBSのエラスティックボリューム機能を使用することができます。旧世代のインスタンス上で実行されているEC2 LinuxのEBSベースのルートボリュームを拡張するには、ボリュームを切り離して再接続する必要があります。

1.    EC2 LinuxインスタンスのEBSルートボリュームを展開する前に、Linuxインスタンス上のAmazon EBSボリュームパフォーマンスを確認します。これにより、変更されたボリュームがシナリオに必要なパフォーマンス特性を提供するのに役立ちます。

2.    EC2インスタンスには Amazon EBSエラスティックボリュームを使用します。そしてLinuxのEBSボリュームのサイズ、IOPSまたはタイプの変更に従って、EC2 LinuxインスタンスのEBSルートボリュームを拡張します。

3.    Amazon EBSエラスティックボリュームを拡張する前にEBSボリュームを変更するのための考慮事項を確認し、ボリュームを拡大する前に潜在的な問題を特定し、対処します。たとえば、2016年11月1日より前に現在の世代インスタンスにアタッチされたボリュームでは、Amazon EBSエラスティックボリューム機能を初期化するために、ボリュームを切り離してリアタッチするインスタンスを、停止して再起動する必要があります。1 回のインストールのみです。

警告:インスタンスを停止すると、インスタンスストアボリューム上のデータは消去されます。したがって、インスタンスストアボリューム上に維持したいデータがある場合は、必ず永続的ストレージにバックアップしてください。

ボリュームの作成日を確認するには、&EC2; コンソールのボリューム詳細ページに移動し、[Created] フィールドを確認します。ボリュームの直近んにアタッチされた日時(通常は作成日の後)を表示するには、AWS CLIを使用します。

次のコマンドで期限日前の直近にアタッチされたボリュームを確認するクエリを発行します。

aws ec2 describe-volumes --region us-east-1 --query "Volumes[?Attachments[?AttachTime<=`2016-11-01`]].{ID:VolumeId}" --output text

対象となるボリュームの ID がテキストリストとして出力されます。

vol-0EXAMPLE
vol-5EXAMPLE
vol-4EXAMPLE
vol-bEXAMPLE
vol-0db1c57561EXAMPLE
vol-06f90d0c16EXAMPLE

4.    Amazon EBS エラスティックボリュームを拡張する前に、EBSボリュームを変更する際の考慮事項に他の考慮事項が記載されています。必ずこのトピックを読み、ボリュームを拡張する前に、環境に関連する考慮事項に対処してください。Amazon EBSエラスティックボリュームを使用できない場合は、付録:EBSボリュームを変更するインスタンスの起動と停止の手順を実行して、EC2 LinuxインスタンスのEBSルートボリュームを拡張します。

5.    EC2 LinuxインスタンスのEBSルートボリュームを拡張した後、「Monitoring the Status of Your Volumes」に記載されているメソッドを使用してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 07 月 28 日

更新: 2017 年 09 月 26 日