Dustin が ホストプラットフォームとして
EC2 上でテープ用 Storage Gateway を
作成する方法をご紹介します

dustin_vtl_storage_gateway

テープに保存するためのデータ用 AWS Storage Gateway を作成したいと思います。また、ホストプラットフォームとして、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) を使用します。テープゲートウェイを作成するにはどうすればよいですか?

テープゲートウェイを作成するには、AWS Storage Gateway コンソールを使用して次の手順に従います。

  1. ゲートウェイタイプを選択する。
  2. ホストプラットフォームを選択する。
  3. EC2 インスタンスを設定する。
  4. ゲートウェイのセットアップを完了し、テープを作成する。

注意事項: この解決法は Amazon EC2 でテープゲートウェイを作成する方法を説明するものですが、この手順はオンプレミスデプロイメントの手順と似ています。テープゲートウェイを作成する方法の詳細については、テープゲートウェイの作成を参照してください。

この手順を開始する前に、次の各項目が開始していることを確認してください。

  • ゲートウェイをアクティブ化する元となる IP アドレスと接続された EC2 インスタンス
  • ゲートウェイと iSCSI イニシエータを接続するために使用させる IP アドレスと接続された EC2 インスタンス。
  • ゲートウェイを AWS Storage Gateway エンドポイントと接続するためのインターネットゲートウェイまたは NAT インスタンス。

注意事項: 通常、イニシエータとゲートウェイは、同じリージョンか、できるだけ近いリージョンに置かれています。

ゲートウェイの種類を選択する

手順についてはゲートウェイの種類の選択を参照してください。

ホストプラットフォームを選択する (Amazon EC2)

  1. [ゲートウェイの作成] ウィザードの [ホストプラットフォームの選択] で [Amazon EC2] を選択します。
    注意事項: 先に進む前に、[Amazon EC2 のセットアップ手順] の項目を展開して、指示を確認してください。
  2. [AWS Marketplace で作成] を選択します。この操作で、AWS Marketplace 内に新しいブラウザウィンドウが開きます。
    注意事項: あとの手順で必要になるため、AWS Storage Gateway コンソールのブラウザウィンドウを閉じないでください。
  3. AWS Storage Gateway の AWS Marketplace ページで、製品情報を確認し、[次へ] を選択します。
  4. [手動作成] を選択します。
    注意事項: 先に進む前に、料金情報を確認してください。
  5. [作成] セクションの [AMI ID] の下で、EC2 ホストを起動するリージョンの [EC2 Console で作成] を選択します。これを選択すると、Amazon EC2 コンソールが表示されます。

ホストプラットフォームを構成する (Amazon EC2)

  1. Amazon EC2 コンソールで、[手順 2: インスタンスタイプの選択] の下で、使用できるインスタンスタイプのいずれかを選択します。
  2. [次の手順: インスタンスの詳細の設定] を選択します。
  3. サブネットではインターネットゲートウェイをもとにしたサブネットか、ストレージゲートウェイのエンドポイントを接続するのに使用する NAT インスタンスを選択します。インターネットゲートウェイを使用する場合、関連付けられたパブリックサブネットを選択します。NAT インスタンスを使用する場合、関連付けられたパブリックサブネットを選択します。
  4. [次の手順: ストレージの追加] を選択します。
  5. [新しいボリュームの追加] を選択して、キャッシュストレージにボリュームを追加します。[サイズ (GiB)] にはボリュームのサイズを入力してください。150GiB 以上を指定します。
  6. [新しいボリュームの追加] を選択して、ゲートウェイのアップロードバッファーにもう 1 つボリュームを追加します。[サイズ (GiB)] にはボリュームのサイズを入力してください。150GiB 以上を指定します。
  7. [次の手順: タグの追加] を選択します。
  8. オプションで、ゲートウェイの EC2 ホストにタグを追加します。
  9. [次の手順: セキュリティグループの設定] を選択します。
  10. ポート 80、22、3260 からのインバウンドトラフィックを許可するためのセキュリティグループルールがあることを確認してください。ポート 80 はゲートウェイのアクティベーションに使用されます。ポート 22 は SSH 用に使用されます。ポート 3260 はゲートウェイに接続するために、iSCSI イニシエータにより使用されます。必要に応じてセキュリティグループルールを追加します。
    注意事項: ご使用のゲートウェイの EC2 インスタンスでポート 53、123、443 からのアウトバウンドトラフィックが許可されている必要があります。これらのアウトバウンドポートは通常、セキュリティグループまたはアクセスコントロールリスト (ACL) の設定で、デフォルトで開いています。
  11. 別のブラウザウィンドウで Amazon EC2 コンソールを開き、ゲートウェイをアクティブ化する IP アドレスと接続された EC2 インスタンスを見つけます。IP アドレスをメモしておいてください
    注意事項: ゲートウェイとは異なる Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) にあるインスタンスをアクティブ化するときは、アクティブ化するインスタンスのパブリック IP アドレスが必要です。
  12. ゲートウェイの EC2 インスタンスの [手順 6: セキュリティグループの設定] ページを開きます。ポート 80 とポート 22 のソース IP アドレスとして、アクティブ化するインスタンスの IP アドレスを追加します。
  13. 別のブラウザウィンドウで、[Amazon EC2 コンソール] を開き、ゲートウェイの iSCSI ターゲットへの iSCSI イニシエータとして機能する EC2 インスタンスの IP アドレスを見つけます。 IP アドレスをメモしておいてください
  14. ゲートウェイの EC2 インスタンスの [手順 6: セキュリティグループの設定] ページを開きます。ポート 3260 のソース IP アドレスとして、前の手順の IP アドレスを追加します。
  15. [Review and Launch (確認して起動)] を選択します。
  16. [作成] を選択し、適切なキーペアを選択します。そして、[インスタンスの作成] を選択します。

ゲートウェイのセットアップを完了し、テープを作成する

AWS Storage Gateway コンソールのブラウザウィンドウに戻り、次の手順を実行します。

  1. ゲートウェイに接続する
  2. ゲートウェイをアクティブ化する
  3. ローカルディスクを設定する
  4. テープを作成する

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018 年 3 月 12 日