AWS サポートケースにはどのような情報を含める必要がありますか?

最終更新日: 2021 年 1 月 12 日

デベロッパーまたはビジネスサポートプランを有しており、AWS サポートからのサポートを受けるためにテクニカルサポートケースを開こうとしています。

解決方法

以下のすべての情報は、問題の診断を試みる AWS サポートエンジニアにとって役立ちます。

  • ユースケースの説明。 このリソース/アプリケーション/プロジェクトは、どのように動作することを意図されていますか?
  • 問題が生じている環境。 これは、本番環境、ステージング環境、開発環境、またはテスト環境ですか? このコンテンツ/アプリケーションは、誰を対象としていますか?
  • リージョン。 リソースを起動したリージョン、またはリソースを起動しようとしているリージョンに関する情報を含めてください。
  • 影響を受けたリソースのリソース ID。 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス ID、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) オブジェクトおよびバケット名、Amazon CloudFront ディストリビューション ID、API リクエスト ID などを含めます。
  • 問題が発生した日付/時間、および問題が持続した期間。 タイムゾーンを必ず含めてください。
  • 問題が発生したおおよその時刻からのログファイル。 これらは直接ケースに添付できます。
  • 受け取っているすべてのエラーメッセージ。
  • 問題を再現するために実行した手順、またはサポートエンジニアが実行し得る手順。
  • ネットワークおよび DNS の問題については、tcptraceroute / TCP MTR / telnet / netcat / curl / dig / nslookup コマンドの出力。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?