新しい関数バージョンをアプリケーションにハードコーディングせずに Lambda 環境変数を更新するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 6 月 29 日

クライアント側のアプリケーションで Lambda 認定の Amazon リソースネーム (Lambda バージョン ARN) を変更せずに AWS Lambda 関数の環境変数を更新したいと考えています。関数の環境変数を更新するたびに、特定の Lambda 関数のバージョンをアプリケーションにハードコーディングしないようにするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

環境変数または Lambda 関数の発行済みバージョンの関数コードを変更することはできません。変更できるのは、現在未発行の関数バージョン ($LATEST) のみです。特定の Lambda 関数のバージョンをアプリケーションにハードコーディングしないようにするには、代わりに Lambda エイリアス ARN をアプリケーションに設定できます。各 Lambda エイリアスには一意の ARN があり、関数の新しいバージョンをポイントするように作成すると再設定できます。

解決方法

注: AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、最新の AWS CLI バージョンを使用していることを確認してください

未公開の Lambda 関数のバージョンで環境変数を更新する

Lambda コンソールを使用するには

AWS Lambda 環境変数の使用の手順に従います。

update-function-configuration AWS CLI コマンドを使用するには

update-function-configuration (AWS CLI コマンドリファレンス) の手順に従います。

AWS SDK で Lambda API コールを使用するには

API を使用した環境変数の設定の指示に従います。

更新された環境変数を含む Lambda 関数の新しいバージョンを公開する

関数バージョンの作成の手順に従います。

新しい Lambda 関数エイリアスを作成し (または既存のエイリアスを使用して)、更新された関数のバージョンをポイントし、それをアプリケーションに設定します

注: Lambda エイリアスは関数バージョンのみをポイントでき、別のエイリアスをポイントできません。

新しい関数エイリアスを作成するには

関数エイリアスの作成 (コンソール) の手順に従います。その後、エイリアスルーティング設定の手順に従って、更新された関数バージョンにエイリアスをポイントします。

既存の関数エイリアスを使用するには

エイリアスルーティング設定の手順に従います。

重要: 新しい関数バージョンの ARN ではなく、Lambda エイリアスの ARN をクライアント側のアプリケーションに設定してください。

更新された関数バージョンを手動で呼び出す

コンソールで Lambda 関数を作成するLambda 関数を呼び出すのセクションの手順に従います。

これで、Lambda 関数のエイリアスは、使用する環境変数で設定された最新の関数バージョンをポイントするようになりました。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?