Let's Encrypt 証明書のインストールのために、 Certbot パッケージを Lightsail インスタンスにインストールするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 10 月 20 日

Amazon Lightsail インスタンスに Let's Encrypt 証明書をインストールしたいのですが。証明書をインストールできるように Certbot パッケージをインスタンスにインストールするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

WordPress や LAMP などの Bitnami スタックを持つ Lightsail インスタンスには、 bncert-tool と呼ばれる独自のインストールツールがあります。このツールは、 Let's Encrypt 証明書をインストールするために使用されます。cPanel や Plesk などのブループリントにも、この目的のための独自のツールがあります。これらのインスタンスには Certbot パッケージは必要ありません。

ただし、Ubuntu、Amazon Linux 2 などの他の Lightsail インスタンス設計図にインストールするには、Certbot パッケージが必要です。

Certbot パッケージをインストールした後に Let's Encrypt証明書をインストールする情報については、 「Lightsail インスタンスに標準の Let's Encrypt SSL 証明書をインストールするにはどうすればよいですか?」を参照してください。

解像度

Amazon Linux 2 と FreeBSD を除くすべての Linux ディストリビューションでは、 snapd を使用して Certbot ツールをインストールできます。apt dnf yum などの OS パッケージマネージャーを使用してインストールされている Certbot パッケージがある場合は、Certbot スナップをインストールする前にそれらを削除します。これにより、Certbot コマンドを実行するときに、OS パッケージマネージャーからのインストールではなく、スナップが使用されます。これを行うために実行する必要がある正確なコマンドは、お使いのOSによって異なります。Certbot パッケージを削除するために使用できるコマンドの一般的な例を以下に示します。

sudo apt-get remove certbot
sudo dnf remove certbot
sudo yum remove certbot

次のコマンドを実行して Certbot ツールをインストールします。

Amazon Linux 2

sudo rpm -ivh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
sudo yum install -y certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドも実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

sudo yum install -y python2-certbot-dns-route53

Certbot コマンドの実行中にボトコアの互換性エラーが出た場合は、 pip で boto-core を再インストールしてください。

sudo pip uninstall botocore boto3 && sudo pip install boto3

Ubuntu 16.04、18.04、20.04

sudo snap install core;
sudo snap refresh core;
sudo snap install --classic certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドも実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

sudo snap set certbot trust-plugin-with-root=ok
sudo snap install --beta certbot-dns-route53
sudo snap connect certbot:plugin certbot-dns-route53

Debian 10.8、9.13、8.7

sudo apt install snapd -y
sudo snap install core;
sudo snap install --classic certbot
sudo ln -s /snap/bin/certbot /sbin/certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドを実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

sudo snap install --beta --classic certbot
sudo snap set certbot trust-plugin-with-root=ok
sudo snap install --beta certbot-dns-route53
sudo snap connect certbot:plugin certbot-dns-route53

CentOS 7.9

sudo yum install epel-release
sudo yum-config-manager --enable cr
sudo yum install snapd
sudo systemctl enable --now snapd.socket
sudo ln -s /var/lib/snapd/snap /snap
sudo snap install --classic certbot
sudo ln -s /var/lib/snapd/snap/bin/certbot /sbin/certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドを実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

sudo snap set certbot trust-plugin-with-root=ok
sudo snap install --beta certbot-dns-route53
sudo snap connect certbot:plugin certbot-dns-route53

CentOS 8.2

sudo dnf install epel-release
sudo dnf upgrade
sudo dnf config-manager --enable cr
sudo yum install snapd
sudo systemctl enable --now snapd.socket
sudo ln -s /var/lib/snapd/snap /snap
sudo snap install --classic certbot
sudo ln -s /var/lib/snapd/snap/bin/certbot /sbin/certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドを実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

sudo snap set certbot trust-plugin-with-root=ok
sudo snap install --beta certbot-dns-route53
sudo snap connect certbot:plugin certbot-dns-route53

OpenSUSE 15.2

sudo zypper addrepo --refresh https://download.opensuse.org/repositories/system:/snappy/openSUSE_Leap_15.2 snappy
sudo zypper --gpg-auto-import-keys refresh
sudo zypper dup --from snappy
sudo zypper install snapd
sudo systemctl enable --now snapd
sudo zypper in -t pattern apparmor
sudo snap install core;
sudo snap refresh core;
sudo snap install --classic certbot
sudo ln -s /snap/bin/certbot /usr/bin/certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドを実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

sudo snap set certbot trust-plugin-with-root=ok
sudo snap install --beta certbot-dns-route53
sudo snap connect certbot:plugin certbot-dns-route53

FreeBSD 12.2

su
pkg install py38-certbot

注:方法 1 を使用してワイルドカード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする場合は、次のコマンドを実行して DNS プラグインをインストールします。次のコマンドで、 route53 をドメインの DNS プロバイダーに置き換えます。サポートされている DNS プロバイダーの一覧を確認するには、「DNS プラグイン」を参照してください。

pkg install py38-certbot-dns-route53

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?