Amazon Lightsail でホストされている Bitnami スタックにスタンダード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 10 月 20 日

Bitnami スタックを持つ Amazon Lightsail インスタンスの自分のウェブサイトにスタンダード SSL 証明書をインストールするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

以下の解決策は、Bitnami スタックを持つ Lightsail インスタンスでホストされているウェブサイト用のスタンダード Let's Encrypt SSL 証明書 (ワイルドカードではない) のインストールをカバーしています。これらのインスタンスブループリントの例としては、WordPress、LAMP、Magento、MEAN などがあります。別のインスタンスブループリントを使用している場合、またはワイルドカード証明書をインストールする場合は、次のいずれかを参照してください。

スタンダード Let’s Encrypt 証明書

Amazon Linux 2、Ubuntu など、Bitnami スタックを使用しない Lightsail インスタンスへのスタンダード Let's Encrypt 証明書のインストールに関する情報については、「Lightsail インスタンスにスタンダード Let's Encrypt SSL 証明書をインストールする方法」を参照してください。

ワイルドカード Let's Encrypt 証明書 (例:*.example.com)

WordPress、Lamp、Magento、MEAN など、Bitnami スタックを持つ Lightsail インスタンスにワイルドカード Let's Encrypt 証明書をインストールする方法については、「Amazon Lightsail でホストされている Bitnami スタックに ワイルドカート Let's Encrypt SSL 証明書をインストールするにはどうすればよいですか? 」を参照してください。

Amazon Linux 2、Ubuntu など、 Bitnamiスタックを使用しない Lightsail インスタンスに ワイルドカード Let'sEncrypt 証明書をインストールする方法については、「Amazon Lightsail でワイルドカードLet's Encrypt SSL をインストールするにはどうしたらよいですか?」を参照してください。

解決方法

Bitnami は、スタンダード Let's Encrypt 証明書をインストールするための bncert-tool という独自の HTTPS 設定ツールを提供しています。このツールは 2019 年 5 月 10 日以降にリリースされた Bitnami スタックに含まれています。このツールは、以下の手順を自動的に実行します。

  • Bitnami スタックで HTTPS 証明書を設定する
  • 証明書の自動更新を作成する
  • HTTP から HTTPS へのリダイレクトをセットアップする

前提条件と制限事項

  • DNS レコードのドメインが Lightsail インスタンスの IP アドレスを指していることを確認します。
  • ワイルドカードドメインの証明書は bncert-tool を使用して作成できません。

次のコマンドを実行して Bitnami HTTPS 設定ツールを起動します。

sudo /opt/bitnami/bncert-tool

HTTPS 設定ツールの使用またはダウンロードの詳細については、Bitnami ドキュメントウェブサイトの「Bitnami HTTPS 設定ツールについて」を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?