Lightsail でホストされている Bitnami スタックに Let's Encrypt SSL 証明書をインストールするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 12 月 21 日

Bitnami スタックを持つ Amazon Lightsail インスタンスの自分のウェブサイトに SSL 証明書をインストールしたいと考えています。しかし、どうすればよいのかわかりません。

簡単な説明

Bitnami スタックを持つ Lightsail インスタンスでホストされている、ウェブサイト用の標準の Let's Encrypt SSL 証明書をインストールするには、Bitnami の bncert-tool を使用してください。これらのインスタンスブループリントの例としては、WordPress、LAMP、Magento、および MEAN があります。別のインスタンスブループリントを使用している場合、またはワイルドカード証明書 (例えば、*.example.com) をインストールする場合は、次のいずれかを参照してください。

bncert-tool を使用する前に、以下の前提条件と制限事項に注意してください。

  • DNS レコードのドメインが Lightsail インスタンスの IP アドレスを指していることを確認します。
  • ワイルドカードドメインの証明書は bncert-tool を使用して作成できません。
  • bncert-tool は、64 ビット Linux オペレーティングシステムでのみサポートされています。IPv6 アドレスで使用したり、NGINX ウェブサーバーの HTTPS 証明書を設定したりすることはできません。

解決方法

Bitnami は bncert-tool を使用して標準の Let's Encrypt 証明書をインストールします。2019 年 5 月 10 日よりも後にリリースされた Bitnami スタックには、デフォルトで bncert-tool が含まれています。

bncert-tool は、次の手順を自動的に実行します。

  • Bitnami スタックで HTTPS 証明書を設定する
  • 証明書の自動更新を作成する。
  • HTTP から HTTPS へのリダイレクトをセットアップする。

次のコマンドを実行して Bitnami HTTPS 設定ツールを起動します。

sudo /opt/bitnami/bncert-tool

HTTPS 設定ツールの使用またはダウンロードの詳細については、Bitnami ドキュメントウェブサイトの「Learn about the Bitnami HTTPS configuration tool」を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?