Ed が、RHEL 7 または CentOS 7
を実行している EC2 インスタンスに
静的ホスト名を割り当てる方法を
説明します。

Ed_static_hostname

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスのホスト名を変更しました。ただし、インスタンスを再起動するか停止してから起動すると、ホスト名が以前の名前に戻ります。ホスト名を保持するにはどうすればいいですか? 

EC2 インスタンスが再起動または停止してもホスト名が確実に保持されるようにするには、EC2 インスタンスの適切な設定ファイルにホスト名を追加する必要があります。

注: RHEL 7 または CentOS 7 には以下の手順が適用されます。Ubuntu Linux に適用する手順については、「Ubuntu Linux を実行するプライベート Amazon EC2 インスタンスに静的ホスト名を割り当てる方法」を参照してください。

1.    シェルから hostnamectl コマンドを実行して、RHEL 7 または CentOS 7 Linux インスタンスのホスト名を更新します。persistent-hostname を、インスタンスで使用したい名前に置き換えます。

sudo hostnamectl set-hostname -–static persistent-hostname

注: hostnamectl コマンドを使用してホスト名を変更しても、/etc/hosts ファイルは更新されません。ただし、必要に応じて、このファイルを手動で編集して新しいホスト名を追加することができます。

2.    vi テキストエディタを使用して、RHEL 7 または CentOS 7 の Linux インスタンスの /etc/cloud/cloud.cfg ファイルを更新します。vi エディターの使用に関する一般情報については、コマンドシェルからコマンド info vi を実行してください。

注: RHEL 7.4 以上を使用している場合、このステップは不要です。

sudo vi /etc/cloud/cloud.cfg

3.    次の文字列を /etc/cloud/cloud.cfg ファイルの末尾に追加して、新しいホスト名が再起動の間も維持されるようにします。

preserve_hostname: true

変更を保存し、vi エディタを終了します。

4.    再起動コマンドを実行して EC2 インスタンスを再起動し、新しいホスト名をインスタンスに関連付けます。

sudo reboot

5.    パラメータを指定せずに Linux hostname コマンドを実行して、以下のようにホスト名の変更が持続したことを確認します。

hostname

コマンドは、ステップ 1 で指定した新しいホスト名を返すはずです。

注意: /etc/hosts ファイル、hostname ファイル、または hostname ユーティリティに影響するシステムアップデートをインストールした場合は、これらの手順をもう一度実行する必要があります。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2015 年 9 月 3 日

更新日: 2019 年 2 月 11 日