AWS DMS の CloudWatch ログを有効化、アクセス、削除する方法を教えてください。

最終更新日: 2019 年 6 月 27 日

AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクのログを管理したいです。AWS DMS の Amazon CloudWatch logs を有効化、アクセス、削除する方法を教えてください。

解決方法

新しい AWS DMS タスク のログ記録を有効にするには、タスクを作成するときに [CloudWatch の有効化] ログを選択します。

既存のタスクのログ記録を有効にするには、次の手順に従ってください。

  1. [AWS DMS コンソール] を開き、ナビゲーションペインから [データベース移行タスク] を選択します。
  2. タスクを選択し、タスクの状況失敗または停止であることを確認します。
  3. (オプション) タスクが実行中の場合は、タスクを選択し、[アクション] を選択してから [停止] をクリックします。
  4. [変更] を選択してから [CloudWatch ログの有効化] をクリックします。

ログ記録を有効にした後、[AWS DMS タスクのログ] を管理できます。

実行したタスクのログを表示するには、次の手順に従ってください。

  1. [AWS DMS コンソール] を開き、ナビゲーションペインから [データベース移行タスク] を選択します。
  2. タスクの名前を選択します。
  3. [概要の詳細] セクションから、[ログの表示] を選択します。

ログを削除するには、次の手順に従ってください。

  1. [AWS DMS コンソール] を開き、ナビゲーションペインから [レプリケーションインスタンス] を選択します。
  2. タスクをホストするレプリケーションインスタンスの名前を選択してます。
    注: ログを削除するには、タスクは失敗または停止ステータスになっていなければなりません。
  3. [ログ管理] セクションから、削除したいログを選択します。
  4. [削除] を選択します。
  5. [削除] を選択して、ログを完全に削除することを確認します。

次の手順に従って、CloudWatch コンソールから AWS DMS ログを削除することもできます。

  1. [CloudWatch コンソール] を開き、ナビゲーションペインから [ログ] を選択します。
  2. ログファイルを検索するには、[フィルタ] フィールドを使用します。ロググループのプレフィックスは dms です。
  3. ロググループを選択してから、[アクション] を選択します。
  4. [ロググループの削除] をクリックします。
  5. [削除] を選択して、ログを完全に削除することを確認します。