CloudFront ディストリビューションで使用するために SSL 証明書を米国東部 (バージニア北部) リージョンに移行するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 28 日

Amazon CloudFront ディストリビューションに関連付ける SSL 証明書が、AWS Certificate Manager (ACM) にあります。ただし、証明書が米国東部 (バージニア北部) (us-east-1) リージョンにはないため、証明書をディストリビューションと関連付けることができません。証明書を米国東部 (バージニア北部) リージョンに移動できますか?

解決方法

ACM の既存の証明書をある AWS リージョンから別の AWS リージョンに移行することはできません。代わりに、宛先のリージョンで証明書をインポートまたは作成する必要があります。

ACM 証明書を CloudFront ディストリビューションに関連付けるには、米国東部 (バージニア北部) リージョンに証明書をインポートまたは作成する必要があります。さらに、証明書は CloudFront のすべての要件を満たしている必要があります。

CloudFront ディストリビューションで使用する ACM 証明書をインポートまたは作成する手順は、次のとおりです。

  1. 米国東部 (バージニア北部) リージョンで ACM コンソールを開きます。
    注: ナビゲーションバーの AWS リージョンセレクターで、バージニア北部が選択されていることを確認します。
  2. コンソールを使用して証明書をインポートするか、コンソールを使用して 証明書を要求するためのステップに進みます。
  3. 証明書が正常にインポートまたは検証されたら、証明書と代替ドメイン名 (CNAME) を CloudFront ディストリビューションに関連付ける ことができます。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?