最大のネットワークパフォーマンスを得られるようにするには、EC2 インスタンスを第 6 世代インスタンスに移行する前に何をしておく必要がありますか?

最終更新日: 2021 年 6 月 16 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを第 6 世代インスタンスに移行したいと考えています。新しいインスタンスから最適なネットワークパフォーマンスを得るために、移行前にどのような手順を踏む必要がありますか?

簡単な説明

現在利用可能な c6gn インスタンスには、Elastic Network Adapter v3 (ENAv3) デバイス生成用の更新されたドライバーが必要です。第 6 世代インスタンスで古い ENA ドライバーを実行すると、最適ではないパフォーマンス、または Elastic Network Interface アタッチメントが失敗する原因になる可能性があります。第 6 世代インスタンスに移行する前に、AMI に ENAv3 対応ドライバーが含まれていることを確認してください。または、新しい AMI でインスタンスを起動する予定の場合は、ENAv3 対応ドライバーが埋め込まれている正しい AMI バージョンを選択するようにしてください。

解決方法

移行前に ENAv3 がインストールされていることを確認するには、以下の手順を実行します。

1.    Amazon Linux 2 を使用している場合、または、これまでに Amazon ENA GitHub リポジトリから OS 用の ENA ドライバーを更新したことがあるという場合は、以下のコマンドを実行して ENA のバージョンを確認します。

ethtool -i $interface

2.    コマンドの結果と以下の表を使用して、ENA ドライバーが更新されていることを確認します。ドライバーのバージョンが ENAv3 スタンドアロンドライバーバージョンの列にある値と一致していることを確認してください。結果がテーブルの値と一致しない場合は、ドライバーを ENAV3 に更新します。

環境 ENAv3 スタンドアロンドライバーバージョン ENAv3 をサポートする AWS AMI とカーネルバージョン
Linux ENA GitHub v2.2.9 以降 NA
Linux アップストリーム 5.9 以降の Kernel NA
Amazon Linux 2 AMI でのデフォルトバージョン カーネル 4.14.186 以降
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) AMI でのデフォルトバージョン RHEL 8.3 kernel 4.18.0-240.1.1.el8_3.ARCH
SUSE Linux Enterprise Server (SLES) AMI でのデフォルトバージョン SLES 15 SP2 kernel 5.4.0-1025-aws
Linux Ubuntu AMI でのデフォルトバージョン 20.04 kernel 5.4.0-1025-aws
Windows v2.2.3 以降 2021 年 5 月の Windows AMI 以降
DPDK v20.11 以降 NA
FreeBSD v2.3.1 以降 NA

注意: 次の古い ENA ドライバーバージョンでは、第 6 世代のインスタンスで Elastic Network Interface アタッチメントが失敗します。

  • ENA Linux: v1.2.0 よりも前
  • ENA Windows: v2.0.0 よりも前
  • ENA DPDK: v1.1.1 よりも前
  • ENA VMware ESXi: 1.6.0 よりも前
  • ENA FreeBSD: v2.3.1 よりも前

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?