Vaibhav が CloudWatch を使用して
SNS の配信をモニターする方法について
説明する

vaibhav_monitor_sns_text_cloudwatch

Amazon CloudWatch を使用し、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 経由で送信したテキストメッセージの配信状況をモニタリングするにはどうすればよいですか?

Amazon SNS を介して送信されたテキストメッセージの CloudWatch Logs を更新するには以下の手順に従ってください。この方法でメッセージの配信が正常に終了したか、失敗したかを確認できます。

テキストメッセージングの設定を構成する

  1. AWS SNS コンソールを開きます。ナビゲーションペインで [テキストメッセージング (SMS)] 、[テキストメッセージングの設定管理] の順に選択します。
  2. [IAM ロールの作成]、[詳細を表示] の順に選択し、[ポリシードキュメントを表示] を選択してアクセスポリシーを確認します。[許可] を選択します。
  3. [SMS メッセージングの設定] の手順に従い、[更新設定] を選択します。
  4. ナビゲーションペインで [テキストメッセージング (SMS)] 、[テキストメッセージの送信 (SMS)] の順に選択します。
  5. [メッセージの種類] で [取引] を選択します。 [数値] フィールドに電話番号を入力します。[メッセージ] に自分にとって意味のある言葉を入力し、[テキストメッセージの送信] を選択します。 電話にテキストメッセージが届くはずです。

電話会社の応答ログを確認する

  1. オープン CloudWatchコンソール。ナビゲーションペインで [ログ] を選択します。[フィルタ] フィールドで「sns」を検索し、[ロググループ] で「DirectPublishToPhoneNumber」を選択します。
  2. [Log Stream ID (ログストリーム ID)] を選択し、[メッセージ] を展開します。「providerResponse」 (プロバイダーの応答) に「Message has been accepted by phone carrier」 (電話会社によりメッセージが受け付けられました。) というメッセージが表示されます。
    注: 受信者が受け取ったメッセージに OPTOUT または STOP と返信することで、テキストメッセージの受信を解除できます。詳細と全解除コマンドについて詳しくは、SMS メッセージの受信のオプトアウトを参照してください。

オプトアウトした電話番号を確認する

  1. SNS コンソールを開きます。ナビゲーションペインで [テキストメッセージング (SMS)] 、[オプトアウトした電話番号の表示] の順に選択します。
    注: SMS の配信失敗理由の全リストについては、SMS 配信用の Amazon CloudWatch のメトリクスおよびログを表示するを参照してください。
  2. 電話番号リストであなたの AWS アカウントからのテキストメッセージの受信をオプトアウトした電話番号を確認してください。

オプトアウトした電話番号のデバイスにはテキストメッセージが届かないことを確認してください

  1. ナビゲーションペインで [テキストメッセージング (SMS)] 、[テキストメッセージの送信 (SMS)] の順に選択します。
  2. [メッセージの種類] で [取引] を選択します。[数値] フィールドに電話番号を入力します。[メッセージ] に自分にとって意味のある言葉を入力し、[テキストメッセージの送信] を選択します。デバイスにテキストメッセージが届くはずです。

SNS の失敗ログを確認する

  1. オープン CloudWatch コンソール。ナビゲーションペインで [ログ] を選択します。[フィルタ] フィールドで「sns」を検索し、[ロググループ] で「DirectPublishToPhoneNumber/Failure」を選択します。
    注: AWS テキストメッセージの配信に2つのロググループが表示される場合があります。通常、1 つは DirectPublishToPhoneNumber で、正常配信されたメッセージに使用され、もう 1 つは DirectPublishToPhoneNumber/Failure で失敗した配信に使用されます。
  2. [Log Stream ID (ログストリーム ID)] を選択し、[メッセージ] を展開します。「providerResponse」 に「Phone number is opted out」、そして、ステータスが「FAILURE」と表示されるはずです。
    注: providerResponse に「No quota left for account」と表示されている場合は、デフォルトで許可されている最大数に達した可能性があります。上限を引き上げるには、SMS メッセージプリファレンスの設定を参照してください。

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018 年 3 月 22 日