Redis を実行する ElastiCache クラスターの耐障害性を改善したいと思っています。マルチアベイラビリティーゾーンのレプリケーションおよび自動フェイルオーバーを有効にするには、どうすればよいですか?

Minimizing Down Time: Multi-AZ with Automatic Failover の手順に従います。新しい Redis クラスターを作成するとき、または既存のレプリケーショングループを含む既存のクラスターに対して、マルチアベイラビリティーゾーンのレプリケーションおよび自動フェイルオーバーを有効にできます。

注意: レプリケーションソリューションを実装する場合は、ポイントインタイムの Redis スナップショットを作成するのに十分なメモリを割り当てていることを確認します。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 09 月 02 日

更新: 2018 年 5 月 8 日