Amazon EC2 Windows インスタンスのネットワーキングパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 11 月 13 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Windows インスタンスを実行しています。改善されたネットワーキングの機能拡張をどのように活用できますか?

簡単な説明

拡張ネットワーキングを有効にすると、より高い帯域幅、より高いパケット/秒のパフォーマンス、および一貫して低いレイテンシーを実現できます。T2 インスタンスを除く現行世代のインスタンスタイプはすべて、拡張ネットワーキングをサポートしています。サポートされるインスタンスタイプは、Elastic Network Adapter (ENA) または Intel 82599 Virtual Function (VF) インターフェイスのいずれかを使用します。

解決方法

サポートされているインスタンスタイプについては、まず、インスタンスタイプで使用できる拡張ネットワーキングメカニズムを決定します。次に、Elastic Network Adapter (ENA) または Intel 82599 Virtual Function (VF) インターフェイスを使用して、拡張ネットワーキングを有効にします。

T2 インスタンスの場合、およびすべてのインスタンスタイプのベストプラクティスとして、 Windows Server で AWS PV ドライバーをアップグレードしてください。

: インスタンスがドメインコントローラの場合は、ドメインコントローラで AWS PV ドライバーをアップグレードします。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?