VPC の動的ホスト設定プロトコル (DHCP) オプションセットにカスタム設定パラメータを設定しましたが、これらのオプションが VPC の EC2 インスタンスには渡されていません。どうすれば修復できますか?

問題の診断とトラブルシューティングのために、以下のリソースと設定をチェックしてください。

  • DHCP オプションセットのパラメータ
  • EC2 インスタンスのネットワーク設定とオペレーティングシステムのカーネルパラメータ
  • Simple Active Directory (Simple AD) とプライベートホストゾーンの設定

DHCP オプションセットのパラメータ

  1. Amazon VPC コンソールを開始します。
  2. ナビゲーションパネルの [Virtual Private Cloud] の下で、[DHCP Options Sets] を選択します。
  3. リソースリストで、カスタム設定パラメータを含む DHCP オプションセットを選択します。
  4. [Summary ] ビューで [Options] を「DHCP オプションセットの概要」で説明されているガイドラインに従って確認します。
    注意: DHCP オプションセットは、作成後に修正することはできません。DHCP オプションセットを修正するには、正しいパラメータで新しい DHCP オプションセットを作成しVPC に関連付けます

EC2 インスタンスのネットワーク設定とオペレーティングシステムのカーネルパラメータ

  • ネットワーク設定ファイルにカスタマイズ化 (PEERDNS、タイムアウトなど) が設定されていないか、手動で、またはスクリプトによって検索します。詳細については、「ユーザーデータとシェルスクリプト」を参照してください。
  • オペレーティングシステムが使用している設定ファイルが変更可能か確認します。ファイルが変更不可な場合、インスタンスは DHCP オプションセットからの設定パラメータを受け付けません。Linux を使用している場合、設定ファイルは通常、chattr コマンドで変更不可にされています。
  • EC2 インスタンスのオペレーティングシステムをチェックして、既知のバグを検索します。この問題に関連したバグがある場合、オペレーティングシステムから提供されているガイドラインに従ってください。 

Simple AD とプライベートホストゾーンの設定

  • オンプレミスのコンピュータが、DNS リクエストを VPC のアマゾンが提供した DNS サーバーに転送する、Simple AD をポイントするようにすれば、Amazon Route 53 のプライベートホストゾーンへの DNS リクエストを解決できます。詳細については、「Simple AD および Microsoft AD で DNS を使用する」を参照してください。
  • カスタムのホスト名を使用している場合には、DHCP オプションセットの DNS サーバーのゾーン定義と、カスタムドメインの DNS レコードが適切であることを確認します。加えて、EC2 インスタンスでカスタムホスト名を手動で設定してあることを確認してください。詳細については、「Linux インスタンスのホスト名の変更」および「プライベートホストゾーンの使用」を参照してください。

注意: Simple AD に合わせて VPC を設定する場合には、ディレクトリの DNS サーバーを使用するように DHCP オプションセットをカスタマイズすることができます。または、デフォルトの DHCP オプションセットを使用することもできますが、その場合には、インスタンスを手動で Simple AD ディレクトリに参加させる必要があります。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 12 月 14 日