Deana が virtualenv を使用して
隔離された Python 3.4 環境を設定する方法について
ご紹介します

python-boto3-virtualenv

virtualenv を使用し、Amazon EC2 に Boto 3 を伴う隔離された Python 3.4 環境を作成する方法を教えてください。

以下の手順は Amazon Linux を実行中の EC2 インスタンス用です。

1. 新しい EC2 インスタンスに SSH を使用して接続します。詳細については、SSH を使用した Linux インスタンスへの接続を参照してください。

2. yum インストールの更新を実行します。

[ec2-user ~]$ sudo yum update

3. Amazon Linux には Python 2.7 がインストール済みで、デフォルトの状態で有効化されています。デフォルトバージョンを表示するには、Python を起動します。

[ec2-user ~]$ which python

/usr/bin/python

[ec2-user ~]$ python

Python 2.7.10 (default, Dec 8 2015, 18:25:23)

[GCC 4.8.3 20140911 (Red Hat 4.8.3-9)] on linux2

詳細については、「help」、「copyright」、「credits」または「license」などのコマンドを入力してください。

>>>

4. Amazon Linux にもまた、Boto for Python 2 が初期状態からインストールされています。

>>> import boto            # no errors

>>> exit()

5. Python 3.4 のインストール:

[ec2-user ~]$ sudo yum install python34

インストールが正常に終了したことを確認します。

[ec2-user ~]$ which python3.4

/usr/bin/python3.4

6. virtualenv 環境を収めるディレクトリを作成し、cd コマンドで作成したディレクトリに移動します。次の例では、前述の環境は「venv」ディレクトリで、親ディレクトリが「ec2-user」ディレクトリになります。 

[ec2-user ~]$ pwd

/home/ec2-user

[ec2-user ~]$ mkdir venv

[ec2-user ~]$ cd venv

[ec2-user ~]$ pwd

/home/ec2-user/venv

7. Amazon Linux には virtualenv が既にインストールされています。次の手順で python34 環境を作成してください。

[ec2-user ~]$ virtualenv -p /usr/bin/python3.4 python34

Running virtualenv with interpreter /usr/bin/python3.4

Using base prefix '/usr'

New python executable in python34/bin/python3.4

Also creating executable in python34/bin/python

Installing setuptools, pip...done.

8. プロジェクトディレクトリの下にある「bin」ディレクトリのアクティベーションファイルを指定して、環境をアクティブ化します。 

[ec2-user ~]$ source /home/ec2-user/venv/python34/bin/activate

9. これで新しい環境を参照できました。

[ec2-user ~]$ which python

~/venv/python34/bin/python   # python34 is now the default

10. python34 環境で Boto 3 をインストールします。

[ec2-user ~]$ pip install boto3

11. python3 の実行可能ファイルを使用して、Python を実行します。Boto 3 SDK をインポートすることもできます。

[ec2-user ~]$ python

Python 3.4.3 (default, Apr 1 2015, 18:10:40)

[GCC 4.8.2 20140120 (Red Hat 4.8.2-16)] on linux

詳細については、「help」、「copyright」、「credits」または「license」などのコマンドを入力してください。

>>> import boto3           # no error

>>> exit()

12. 以下のコマンドで python34 環境を無効化します。

[ec2-user ~]$ deactivate

13. 「which」コマンドを実行して、使用しているデフォルト環境を確認します。

[ec2-user ~]$ which python

/usr/bin/python

14. ログイン時に python34 環境を自動的にアクティブ化するには、.bashrc ファイルに以下を追加します。

[ec2-user ~]$ echo "source /home/ec2-user/venv/python34/bin/activate" >> /home/ec2-user/.bashrc


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 6 月 24 日

更新: 2018 年 3 月 26 日