Amazon QuickSight で Microsoft Active Directory 用の AWS Directory Service を使用して、ユーザーを認証できますか?

最終更新日: 2021 年 1 月 5 日

Amazon QuickSight で Microsoft Active Directory 用の AWS Directory Service を使用して、ユーザーを認証したいと考えています。Amazon QuickSight で Directory Service を使ってユーザーを認証する方法を教えてください。

解決方法

Amazon QuickSight は AWS Managed Microsoft ADActive Directory Connector の両方をサポートします。AWS Managed Microsoft AD は、完全マネージド型の Microsoft Active Directory を AWS クラウドに作成します。詳細については、「AWS Managed Microsoft AD の開始方法」を参照してください。

AWS Managed Microsoft AD を使用して Amazon QuickSight でユーザーを認証するには、以下の手順を実行します。

1.    AWS Managed Microsoft AD ディレクトリを作成します

2.    Amazon QuickSight Enterprise エディションのアカウントを作成します

3.    Amazon QuickSight Enterprise エディションのユーザーアカウントを管理します

ディレクトリサービスを使用してディレクトリを起動すると、AWS はドメインと同じ名前の組織単位 (OU) を作成します。AWS は、OU に対する委任管理権限を持つ管理アカウントも作成します。Active Directory のユーザーとグループを使用して、OU 内にユーザーアカウント、グループ、およびポリシーを作成できます。詳細については、「AWS Managed Microsoft AD のベストプラクティス」を参照してください。