Amazon QuickSight エンタープライズエディションのアカウントを作成するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 1 日

Amazon QuickSight エンタープライズエディションのアカウントを作成したいと考えています。これはどのように実行できますか?

解決方法

Amazon QuickSight には、スタンダードエディションとエンタープライズエディションがあります。詳細については、「Amazon QuickSight の異なるエディション」を参照してください。

前提条件: AWS Directory Service for Microsoft Active Directory を使用している場合は、administrators、readers、および authors の 3 つのグループを作成します。詳細については、「Amazon QuickSight エンタープライズエディションでのユーザーアカウントの管理」を参照してください。

1.    Amazon QuickSight コンソール を開いて、[Sign up for QuickSight] (QuickSight にサインアップする) を選択します。

2.    [Enterprise] (エンタープライズ) を選択します。

3.    [Continue] (続行) を選択します。

注意: 教育者、学生、または既存の AWS ユーザーとしてサインアップするには、「Amazon QuickSight のセットアップ」を参照してください。

4.    Use Role Based Federation (SSO)] (ロールベースのフェデレーションの使用 (SSO))、または [Use Active Directory] (Active Directory の使用) を選択します。

5.    (オプション) ディレクトリがリストされていない場合は、[Refresh list] (リストを更新) を選択します。

6.    [QuickSight account name] (QuickSight アカウント名) と [Notification email address] (通知 E メールアドレス) に入力してから、[QuickSight capacity region] (QuickSight キャパシティリージョン) を選択します。

7.    (オプション) AWS のその他サービスからのデータの自動検出を有効にするには、Amazon QuickSight で視覚化したいサービスを選択します。詳細については、「AWS リソースの自動検出を有効にする」を参照してください。

8.    グループとユーザーを選択します。

9.    [Authorize] (承認) を選択します。

10.    [Finish] (完了) を選択します。

注意: Active Directory ユーザーは、Amazon QuickSight グループに追加されても自動で通知を受けません。

Amazon QuickSight アカウントの作成方法に関する詳細については、「Amazon QuickSight にサインアップする」を参照してください。