QuickSight でのデータソースの結合に関する問題のトラブルシューティング方法を教えてください。

最終更新日: 2022 年 7 月 20 日

Amazon QuickSight でデータソースを結合したいのですが、問題が発生しています。

簡単な説明

以下は、Amazon QuickSight でさまざまなソースからのデータを結合できない一般的なシナリオです。

  • [データセットの編集] ページに [データの追加] ボタンとグリッドパネルが表示されません。
  • 地理的フィールドを使用しています。
  • 2 つの Amazon データセットから 3 つ目のデータセットを作成しようとしています。
  • QuickSight は結合メモリを使い果たしました。
  • 重複した列またはあいまいな列のエラーが発生します。

解決方法

[データセットの編集] ページに [データとグリッドの追加] パネルが表示されない

[データの追加] ボタンと編集パネルが表示されない場合は、データセットの所有者にデータソースへのアクセスを要求する必要があります。

データセットを所有していて、他のユーザーと共有する場合は、次のステップを完了します。

  1. Amazon QuickSight コンソールを開きます。
  2. [データセット] を選択し、[新しいデータセット] を選択します。
  3. 共有するデータセットを選択します。
  4. [データソースの共有] を選択し、[ユーザーの招待] を選択します。
  5. ユーザー名と必要な権限を入力します。
  6. [共有] を選択します。

データセットにさらにデータを追加するには:

  1. データを追加するデータセットを開き、[データセットの編集] を選択します。
  2. [データ準備] ページで、[データの追加] を選択します。
  3. データの追加方法を選択します。データセット、データソース、またはファイルをアップロードして追加できます。
    注: [カスタム SQL を使用] を選択してクエリエディタを開き、SQL データソースのクエリを記述することもできます。
  4. 赤い点を選択して結合を設定します。
  5. 希望の結合タイプを選択します: [内部]、[]、[]、または [完全]
  6. [適用] をクリックします。

地理的フィールドを使っています

地理的フィールドは、結合インターフェイスではサポートされていません。この問題を解決するには、次の操作を行います:

  1. データタイプを [地理空間] から [文字列] に変更します。
  2. 希望する結合タイプを適用します。
  3. データセットページに戻り、データセットを選択します。
  4. 親データセットに新しい子データセットを作成するには、[新しいデータセットで使用] を選択します。
  5. フィールドタイプを [地理空間] に戻します。
  6. [保存] を選択します。

2 つのデータセットから 3 つ目のデータセットを作成しようとしています。

2 つのデータセットを結合して 3 つ目のデータセットを作成することはできません。

ただし、Amazon Athena データセットでは、次のことができます。

  1. 2 つのテーブルを結合して Athena でクエリを記述し、ビューを作成します。
  2. ビューに Athena データソースを作成します。
  3. カスタム SQL を記述し、新しい Athena データソースを使用して QuickSight で Athena データセットを作成します。

QuickSight が結合メモリを使い果たしました

データセットを結合する場合、データセットのうちの 1 つのサイズが 1 GB 以内である必要があります。複数のデータセットが 1 GB を超える場合、QuickSight はメモリ不足になります。この問題を解決するには、カスタム SQL クエリを使用してそれらを結合します。

大きなテーブル結合がある場合は、データベースで結合条件クエリを実行し、テーブルまたはビューを作成することがベストプラクティスです。次に、テーブルまたはビューから QuickSight でデータセットを作成します。

詳細については、「Amazon QuickSight でデータソース間を結合する」を参照してください。

重複する列またはあいまいな列のエラーが発生します

次の重複列のエラーが表示されます。

ERROR - Duplicate column name 'column name

次のクエリ例では、重複列のエラーが発生します。

select * from schema.sales, schema.date where sales.dateid = date.dateid;

次のあいまいな列エラーが表示されます。

ERROR - column reference "dateid" is ambiguous

次のクエリ例では、あいまいな列エラーが発生します。

select sid, dateid from schema.sales, schema.date, schema.users where sales.sid = users.userid and dateid = dateid and year = 2010 and city = 'dallas';

重複したあいまいな列エラーは、共通の列名がテーブル名またはエイリアスで修飾されていない場合に発生します。重複したあいまいな列エラーを解決するには、テーブル名またはエイリアスを修飾子として結合列名を指定します。


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?