Amazon OpenSearch Service のドメインを QuickSight に接続する際の接続エラーを解決するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 7 月 25 日

Amazon OpenSearch Service のドメインを Amazon QuickSight に接続しようとしています。しかし、エラーが表示されました。これを解決するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

QuickSight を Amazon OpenSearch のドメインに接続するには、次のことを確認してください。

  • ドメインがバージョン 7.7 以降であること。
  • ご利用の OpenSearch のバージョンが 1.0 以降であること。
  • OpenSearch Service のドメインが QuickSight と同じ AWS リージョンとアカウントにあること。

注意:Amazon OpenSearch Service は、7.10 までの OpenSearch および従来の Elasticsearch OSS をサポートしています。

解決方法

お客様のユースケースに合わせて、次のトラブルシューティングのステップを実行してください。

サポートされていないエンジンバージョンのエラー

OpenSearch Service のドメインに接続すると、次のエラーが表示される場合があります。

"Your database uses an unsupported engine version. Please review supported versions."

このエラーは、OpenSearch Service のドメインで互換モードが有効になっていない場合に発生します。OpenSearch バージョン 1.0 では、[Enable compatibility mode] (互換モードを有効にする) という名前のドメイン設定が導入されています。一部の OpenSearch Service のクライアントとプラグインは、接続する前にクラスターのバージョンを確認します。互換モードは、OpenSearch Service がそのバージョンを 7.10 として報告するよう設定し、これらのクライアントが引き続き動作するようにします。互換モードが有効になっている場合、QuickSight は正しいバージョンを識別し、接続は正常に確立されます。

互換モードを有効にするには、次のコマンドを実行します。

PUT /_cluster/settings
{
     "persistent": {
          "compatibility.override_main_response_version": true
     }
}

カーソルが有効になっていないか、このテーブルを準備できないというエラー

OpenSearch Service のドメインデータを SPICE にインポートする際に、次のいずれかのエラーが表示される場合があります。

Can't perform this Action. The domain X has not enabled cursor.

-または-

Unable to prepare this table

OpenSearch Service のドメインで SQL カーソルを有効にするには、次のコマンドを実行します。

PUT _opendistro/_sql/settings
{
     "transient": {
          "opendistro.sql.cursor.enabled": "true"
     },
     "persistent": {
          "opendistro.sql.cursor.enabled": "true"
     }
}

接続エラー (禁止)

OpenSearch Services ドメインの OpenSearch Dashboards できめ細かなアクセスコントロールが有効になっている場合、次のエラーが表示される場合があります。

GENERAL_SQL_EXCEPTION. Connection error forbidden

このエラーは、QuickSight サービスロールが OpenSearch Service ロールにマッピングされていないために発生します。

このエラーを解決するには、指示に従って、QuickSight からのアクセスを許可するための許可をドメインに追加します


Using Amazon OpenSearch Service with Amazon QuickSight (Amazon QuickSight で Amazon OpenSearch Service を使用する)

Supported data sources (サポートされるデータソース)

Connecting to a VPC with Amazon QuickSight (Amazon QuickSight で VPC に接続する)

Operational best practices for Amazon OpenSearch Service (Amazon OpenSearch Service の運用上のベストプラクティス)

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?