Satya が MySQL を実行している
RDS インスタンスでタイムゾーンを
変更する方法について説明する

satya-rds-change-time-zone

Amazon RDS データベースインスタンスのタイムゾーンをローカルタイムゾーンに変更したい。

RDS DB インスタンスではすべて、デフォルトで UTC/GMT が使用されており、タイムゾーンの変更はオプションです。データベースレイヤーでは UTC タイムゾーンを使用することを強くお勧めします。ローカルタイムゾーンを使用する必要がある場合は、必ずアプリケーションレイヤーでタイムゾーンを変更してください。また、タイムゾーンを変更する前に、データベース管理者またはアプリケーションチームに相談してください。

Amazon RDS DB インスタンスのタイムゾーンを変更するために必要な手順は、データベースエンジンによって異なります。

Oracle – RDS Oracle DB インスタンスのタイムゾーンを変更する手順は、「データベースタイムゾーンの設定」に記載されています。Oracle Database Engine バージョン 11.2.0.2.v4 が必要です。

PostgreSQL – RDS PostgreSQL DB インスタンスでのタイムゾーンの変更は、データベースレベルで実行します。ユーザー定義のパラメーターグループで、パラメーターの値を設定します。タイムゾーンのパラメーターは、UTC-X または UTC+X 形式で入力します。ここで X は、そのタイムゾーンの UTC 時間との時差を時単位の数字で表したものです。

重要: PostgreSQL では、「UTC-5」と指定した場合と、「America/New_York」と指定した場合とでは、タイムゾーンの処理が異なります。たとえば、「America/New_York」のタイムゾーンは、UTC-5 として表示されます。タイムゾーンを「UTC-5」として設定した場合は、「UTC+5」として更新されます。 詳細については、「PostgreSQL Date/Time Types」を参照してください。

MySQL – デフォルトでは、RDS MySQL DB インスタンスのタイムゾーンは協定世界時 (UTC) です。MySQL 5.5、5.6 または 5.7 を使用している場合は、インスタンスのパラメータグループの time_zone パラメーターを変更することで、インスタンスのタイムゾーンを変更できます。そのパラメーターグループを使用しているすべてのインスタンスおよびすべてのリードレプリカは、新しいタイムゾーンを使用するように変更されます。RDS MySQL バージョンが 5.5 より前の場合は、タイムゾーンの変更はできません。詳細については、「MySQL DB インスタンスのローカルタイムゾーン」を参照してください。

Amazon Aurora – Aurora DB クラスターのタイムゾーンは、「Amazon Aurora DB クラスターのローカルタイムゾーン」で説明されている方法で変更できます。

MariaDB – デフォルトでは、RDS MariaDB DB インスタンスのタイムゾーンは協定世界時 (UTC) です。インスタンスのパラメータグループの time_zone パラメーターを変更することで、インスタンスのタイムゾーンを変更できます。そのパラメータグループを使用しているすべてのインスタンスおよびすべてのリードレプリカは、新しいタイムゾーンを使用するように変更されます。詳細については、「MariaDB DB インスタンスのローカルタイムゾーン」を参照してください。

SQL Server – Amazon for RDS SQL Server は、ローカルタイムゾーンをサポートしています。新しい RDS for SQL Server インスタンスの作成中にタイムゾーンを変更するには、AWS マネジメントコンソールのドロップダウンメニューから [Select your Time Zone (タイムゾーンの選択)] を選択します。タイムゾーンをインスタンス作成後に変更することはできません。詳細については、「Local Time Zone for Microsoft SQL Server DB Instances (Microsoft SQL Server DB インスタンスのローカルタイムゾーン)」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2015 年 10 月 30 日

更新: 2018 年 5 月 25 日