Amazon RDS は IPv6 アドレス指定をサポートしていますか?

最終更新日: 2020 年 5 月 27 日

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) で IPv6 アドレス指定を使用できますか?

解決方法

IPv6 はすべてのリージョンで利用でき、Virtual Private Cloud (VPC) とそのサブネットの両方に IPv6 アドレスを追加できます。IPv6 アドレス指定を使用するサブネットで作成する Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスには、IPv6 アドレスと IPv4 アドレスの両方があります。

ただし、Amazon RDS は現在 IPv6 をサポートしていません。Amazon RDS を使用する場合は、以下の点に注意してください。

  • IPv6 アドレスを Amazon RDS DB インスタンスに関連付けることはできません。また、RDS DB インスタンスは IPv6 を使用するクライアントと通信することはできません。RDS DB インスタンスに送信されるすべての IPv6 パケットは破棄されます。
  • IPv6 アドレスは、Amazon RDS の Amazon EC2 クライアントに割り当てることができます。ただし、これらの IPv6 アドレスは、IPv6 を使用する EC2 インスタンスに作成するリードレプリカに加えて、IPV4 アドレスを使用する RDS DB インスタンスと通信します。
  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は IPv6 をサポートしますが、IPv4 を使用する RDS DB インスタンスへのロードとダンプを行います。
  • 仮想プライベートネットワーク (VPN) は IPv6 と IPv4 の間で変換されません。IPv6 を使用するオンプレミスリソースがあり、VPN 経由で RDS DB インスタンスとも通信する場合は、ファイアウォールが IPv4 を使用する通信を許可していることを確認してください。

VPC アドレス指定に関する詳細については、VPC の IP アドレス指定を参照してください。


この記事は役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合