Amazon RDS MySQL DB インスタンスの頻繁なバックアップを自動化するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 6 月 22 日

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) MySQL DB インスタンスの頻繁なバックアップを自動化したいと思います。設定する方法を教えてください。

簡単な説明

Amazon RDS は、Amazon RDS DB インスタンスに関連付けられた基盤となるストレージボリュームのバックアップを自動的に作成します。すべてのデータは、最大 35 日間実行される保持ポリシーに基づいてAmazon Simple Storage Service (Amazon S3) にバックアップされます。これらのバックアップにより、保持期間内であればいつでもポイントインタイムリカバリ (PITR) を実行できます。

デフォルトでは、この自動化は 30 分のバックアップ期間中、毎日 1 回だけ行われます。自動バックアップをより頻繁に実行する必要がある場合は、次の方法を使用できます。

この記事では、次のサブトピックを取り上げます。

  • AWS Backup を使用して Amazon RDS で自動バックアップジョブを作成する。
  • Amazon RDS 自動バックアップを有効にするためのダウンタイム。
  • AWS Backup ジョブが失敗した場合に通知を受け取る方法。
  • Amazon RDS 自動バックアップが失敗した場合の処理。

解決方法

AWS Backup を使用して Amazon RDS で自動バックアップジョブを作成する

Amazon RDS で日次スナップショットを特定の間隔でキャプチャする自動バックアップジョブを作成するには、次の手順を実行します。

1.    AWS Backup コンソールを開きます。

2.    [バックアッププランを作成] を選択して、新しいバックアッププランを作成します。

3.    バックアッププラン名および関連するタグ情報を入力します

4.    [バックアップの設定] で、以下を更新します。
バックアッププラン名
バックアップボールト
バックアップ頻度
バックアップウィンドウ

例えば、自動バックアップを 6 時間ごとに実行し、3 時間以内に完了するようにスケジュールする場合は、以下を更新します。
[バックアップの頻度] で、カスタムの cron 式を選択し、cron 式に「cron(0 0/6 ? * * *)」と入力します。
バックアップウィンドウで、1 時間以内に開始し、3 時間以内に完了するように指定します。

5.    [ターゲットリージョンに自動的にコピー] を選択します。

注: すべての AWS リージョンが自動クロスリージョンコピーでサポートされているわけではありません。詳細については、「別の AWS リージョンへの自動バックアップのレプリケーション」を参照してください。

6.    自動バックアップに必要な保持期間を指定します。Amazon RDS Backup では、バックアップが自動的に削除されるまで、バックアップは指定された期間保持されます。

7.    [プランを作成] を選択します。

8.    [新しく作成されたバックアッププラン] タブで、[リソースの割り当て] を選択します。

9.    次の情報を更新して、リソースを割り当てます。
リソース割り当て名
AWS Identity Access Management (IAM) ロール (DB インスタンスの回復ポイントを作成および管理)
Amazon RDS リソース (タグまたはリソース ID)

注:AWS Backup のスナップショットは、プレフィックス「awsbackup:job-」で示されます。

Amazon RDS 自動バックアップを有効にするためのダウンタイム。

Amazon RDS 自動バックアップを有効にした場合、バックアップ保持期間を「0」から 0 以外の値に更新すると、停止が発生することがあります。0 以外の値から「0」に更新した場合も停止が発生することがあります。停止は、再起動の期間と、エンジンの起動時に実行されるエンジン回復タスクに相当します。

注: Amazon RDS で自動バックアップを無効にすると、以前の自動バックアップジョブもすべて削除されます。

AWS Backup ジョブが失敗した場合に通知を受け取る方法。

AWS Backup ジョブが失敗した場合は、SNS トピックに通知を送信するようにバックアップボールトを設定し、ジョブのステータスを通知します。詳細については、「失敗した AWS Backup ジョブの通知を取得するにはどうすればよいですか?」を参照してください。

Amazon RDS 自動バックアップが失敗した場合の処理。

Amazon RDS が自動バックアップを正常に実行するには、次の条件を満たす必要があります。

  • 自動バックアップを実行するには、DB インスタンスが AVAILABLE 状態である必要があります。
  • DB インスタンスのコピーを元の DB インスタンスと同じ AWS リージョンで実行することはできません。

Amazon RDS 自動バックアップが失敗し、スケジュールバックアップの終了前にプロセスが完了しない場合、Amazon RDS はプロセスを再試行します。自動バックアップは、次のバックアップウィンドウ中に行われます。バックアップが進行中の場合は、指定されたウィンドウを超えてバックアップが継続されます (継続される可能性があります)。

ヒント: Amazon RDS スナップショットとポイントインタイムリカバリによる継続的なバックアップの両方を管理するには、AWS Backup を使用します。そうでない場合、デフォルトの 30 分間のバックアップ期間中にバックアップが開始したときにバックアップは失敗します。Amazon RDS でのバックアップの作成に関する問題のトラブルシューティングについては、「リソースの作成のトラブルシューティング」を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?