Amazon RDS MySQL DB インスタンスで関数、プロシージャ、トリガーを有効にする方法を教えてください。

最終更新日: 2019 年 12 月 30 日

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) MySQL DB インスタンスの関数、プロシージャ、トリガーを有効にするにはどうすればよいですか?

解決方法

Amazon RDS はマネージド型サービスです。SYS アクセス (SUPER 権限) は提供されていません。その代わりに、バイナリログ記録が使用できます。これには、MySQL インスタンス用に作成した DB パラメータグループにおいて、log_bin_trust_function_creators パラメータを true に設定します。詳細については、Amazon RDS の「マスターユーザーアカウント権限」をご参照ください。

注: DB パラメータグループを指定せずに DB インスタンスを作成した場合、新規のデフォルト DB パラメータグループが Amazon RDS により作成されます。詳細については「DB パラメータグループを使用する」をご参照ください。

  1. DB パラメータグループを作成します。
  2. DB パラメータグループを以下のように変更します: log_bin_trust_function_creators=1
  3. [変更を保存] をクリックします。
    注: この DB パラメータグループは、5 分以上待ってから DB インスタンスで使用します。
  4. ナビゲーションペインで [データベース] をクリックします。
  5. DB パラメータグループに関連付ける DB インスタンスを選択します。
  6. [アクション]、[変更] の順にクリックします。
  7. DB インスタンスに関連付けるパラメータグループを選択します。
  8. DB インスタンスを再起動します
    注: パラメータグループ名は即時に変更されますが、パラメータグループへの変更は、インスタンスがフェイルオーバーなしで再起動するまで適用されません。