Amazon RDS MySQL DB のインスタンスの変更中の状態のまま停止してしまう場合どうすればいいですか?

最終更新日: 2021 年 7 月 1日

MySQL DB インスタンス用 Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) が変更中の状態のまま停止してしまいます。これを解決するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon RDS では、一部の変更タイプでは、インスタンスの更新中にインスタンスを使用不可にし、アクセスできないように設定する必要があります。変更が開始されると、操作をキャンセルすることはできません。操作が完了するまで DB インスタンスのステータスは「変更中」と表示されます。ただし、Amazon RDS MySQL が変更状態にある場合は、以下のアクションを使用できます。

解決方法

Amazon RDS DB インスタンスが変更中のまま止まってしまう場合は、次のアプローチを検討してください:

  • AWS マネジメントコンソールから Amazon RDS リソースの最近のイベントを取得し、DB インスタンスの現在の状態を確認します。最近のイベントログには、過去 24 時間のイベントが表示されます。最近のイベントログの詳細については、Amazon RDS イベントの表示を参照してください。
  • Amazon RDS MySQL エラーログをチェックして、DB エンジンのステータスを確認します。Amazon RDS MySQL は、mysql-error.log エントリを 5 分ごとにディスクに書き込みます。RDS MySQL は、ログファイルを表示するときに mysql-error-running.log ファイルにログの内容を追加します
  • RDS MySQL インスタンスで自動バックアップオプションが有効になっている場合は、DB インスタンスを指定した時間に復元してみてください。または、使用可能な最新の DB スナップショットからインスタンスを復元して、元の設定で新しい DB インスタンスを作成することもできます。詳細については、DB インスタンスの指定時刻への復元を参照してください。
  • DB インスタンスのリードレプリカインスタンスを作成した場合は、リードレプリカをスタンドアロン DB インスタンスに昇格させます。詳細については、「リードレプリカをスタンドアロン DB インスタンスに昇格させる」を参照してください。

「修正」アクションを適用する前に従うべきベストプラクティス

「変更」アクションを適用する前に、次のベストプラクティスに従ってください。

  • DB インスタンスの変更を実行する前に、バックアップ保持を有効にし、値を「>0」に設定します。バックアップ保持を有効にすると、必要に応じて Amazon RDS でポイントインタイムリカバリ (PITR) を実行できます。
  • RDS MySQL モニタリング出力 (完全なプロセスリストを表示およびエンジン INNODB ステータスを表示) を確認し、長時間実行されるトランザクションやクエリを回避します。詳細については、MySQL ウェブサイトの SHOW PROCESSLIST ステートメントを参照してください
  • テスト DB インスタンスをバックアップおよび復元し、試用版の変更を実行します。試用版は、意図した更新を完了するために必要な実際の時間を推定するのに役立ちます。
  • 実稼働環境の場合は、マルチ AZ 配置を有効にします。Amazon RDS は、マルチ AZ 配置を使用した DB インスタンスの高可用性とフェイルオーバーサポートを提供します