Oracle Enterprise Manager Database Control または Database Express を Amazon RDS Oracle DB インスタンスに追加する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 5 月 20 日

Oracle Enterprise Manager Database Control または Database Express を Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) Oracle DB インスタンスに追加する方法を教えてください。

簡単な説明

Oracle Enterprise Manager (OEM) オプショングループを使用して、OEM Database Control または Database Express を以下の Amazon RDS Oracle のバージョンに基づいて設定します。

  • Oracle 19c、Oracle 18c、または Oracle 12c 向けの Oracle Enterprise Manager Database Express
  • Oracle 11g 向けの Oracle Enterprise Manager 11g Database Control

詳細については、Oracle Enterprise Manager Database Express を参照してください。

解決方法

  1. DB インスタンスと同じ AWS リージョンで Amazon RDS コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで [データベース] を選択してから、お使いの DB インスタンスを選択します。
  3. ナビゲーションペインで [オプショングループ] を選択します。その後、DB インスタンスに関連付けられたオプショングループがない場合は、[グループを作成] 選択します。
  4. オプショングループが Oracle EE または Standard エンジンを使用していることを確認してから、サポートされているメジャー DB エンジンバージョン (12.1 など) のいずれかを選択します。
  5. オプショングループを作成したら、新しいオプショングループを選択し、[オプションの追加] を選択します。
  6. オプションの追加ページで、[オプション] ドロップダウンリストから [OEM] を選択します。
  7. [バージョン] ドロップダウンリストから DB エンジンバージョン (12.1.0.2 など) を選択します。
  8. Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) が OEM ポートへのインバウンドアクセスを許可するように設定されていることを確認します。
  9. [セキュリティグループ] リストから、有効化したい VPC または DB セキュリティグループを選択します。
    注意: DB セキュリティグループが VPC または Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のセキュリティグループとは異なる場合があります。これは、EC2 Classic インスタンス上の DB インスタンスが DB セキュリティグループを使用する一方で、VPC 上の DB インスタンスが VPC/EC2 セキュリティグループを使用することがあるためです。
  10. [今すぐ適用] を選択してから、[オプションの追加] を選択します。
    注意: Oracle 11g DB インスタンスに OEM オプションを追加する場合は、DB インスタンスが停止されず、インスタンスを再起動する必要もありません。Oracle 19c、Oracle 18c、または Oracle 12c DB インスタンスに OEM オプションを追加する場合は、DB インスタンスが自動的に再起動される間にインスタンスが短時間停止します。
  11. DB インスタンスを変更して、このオプショングループを DB インスタンスに関連付けます。
  12. OEM オプションを有効化した後は、ウェブブラウザから Database Control または Database Express を使用できます。OEM オプションの URL には、Amazon RDS エンドポイントと OEM ポートが含まれています。たとえば、Oracle 19c、Oracle 18c、または Oracle 12c DB インスタンスの場合は https://mydb.f9rbfa893tft.us-east-1.rds.amazonaws.com:5500/em、Oracle 11g の場合は https://mydb.f9rbfa893tft.us-east-1.rds.amazonaws.com:1158/em になります。
  13. ページが読み込まれたら、DB インスタンスのマスターユーザー名とパスワードを入力します。

これで、Oracle データベースを管理する準備ができました。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合