Amazon Aurora for MySQL または PostgreSQL クラスターの VPC を変更するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 5 月 29 日

Amazon Aurora クラスターに関連付けられている Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を変更するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Aurora クラスターまたはインスタンスの VPC は変更できません。しかし、AuroraクラスターのVPCは、以下の方法の一つを使用して変更することができます:

  • 異なるVPCでクローンを作成する。
  • スナップショットを作成してから、そのスナップショットを別の VPC で復元します。
  • バイナリログを使用してレプリケーションを設定します (MySQL のみ)。

解決方法

別の VPC でクローンを作成する

Aurora クラスターにデータベースのクローンを作成する場合は、そのクローンの VPC を変更できます。ただし、VPC 内のサブネットは、同じアベイラビリティーゾーンのセットにマッピングする必要があります。詳細については、「Cloning databases in an Aurora DB cluster」(Aurora DB Clusterでのデータベースのクローン) を参照してください。

スナップショットを作成し、別の VPC にスナップショットを復元する

Aurora インスタンスまたはクラスターのスナップショットを作成した場合は、そのスナップショットを新しい VPC に復元できます。詳細については、「DB クラスターのスナップショットからの復元」を参照してください。

MySQL を使ってバイナリログを使用してレプリケーションを設定する

Amazon Aurora for MySQL を使っていて、バイナリログを使用してレプリケーションを設定した場合は、ダウンタイムを最小限に抑えて Aurora クラスターの VPC を変更できます。

  1. ターゲット VPC で新規 Aurora クラスターを作成します。
  2. 2 つの Aurora クラスターの間で手動 MySQL レプリケーションをセットアップします
  3. レプリカをスタンドアローンクラスターに昇格させます