Amazon Redshift クラスターを別のサブネットに移動するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 18 日

Amazon Redshift クラスターを別のサブネットに移動しようとしています。どうすればできますか?

簡単な説明

新しい Amazon Redshift クラスターが起動されると、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)セキュリティグループ、およびクラスターサブネットグループが提供されます。起動時に、Amazon Redshift は、関連付けられたクラスターサブネットグループからランダムなサブネットをピックアップします。

既存の Amazon Redshift クラスターを別のサブネットに移動するには、スナップショットからクラスターを復元します。また、サブネットグループにサブネットが 1 つだけであることを確認してください。サブネットが複数ある場合、Amazon Redshift はその特定のサブネットでクラスターを起動しない可能性があります。

解決方法

Amazon Redshift クラスターを別のサブネットグループに移動するには、次の手順を実行します。

1.    クラスターの手動スナップショットを作成します。

2.    作成したスナップショットを使用してクラスターを復元します。

3.    [Additional configurations] (追加設定) で、[Use defaults] (デフォルトを使用する) の設定を無効にします。

4.    [Properties] (プロパティ) タブを選択します。

5.    [Network and security] (ネットワークとセキュリティ) を選択します。

6.    目的のサブネットグループを選択します。

7.    [Restore cluster from snapshot] (スナップショットからのクラスターの復元) を選択します。

詳細については、Amazon Redshift クラスターをある VPC から別の VPC に移動するにはどうすればよいですか? を参照してください。

Amazon Redshift クラスターが使用しているサブネットとサブネットグループを確認するには、次の手順を実行します。

1.    Amazon Redshift コンソールを開きます。

2.    [Clusters] (クラスター) タブを選択します。

3.    Amazon Redshift クラスターを選択します。

4.    [Properties] (プロパティ) タブを選択します。

5.    ネットワークの詳細を表示するには、[Network and security] (ネットワークとセキュリティ) を選択します。[Network and security] (ネットワークとセキュリティ) 情報には、使用されているサブネットグループが表示されます。

6.    [Connection details] (接続の詳細) の横にあるドロップダウンの矢印を選択します。[Connection details] (接続の詳細) には、使用されているサブネットを確認するのに役立つ情報 (ノード IP アドレスやサブネットグループの範囲など) が表示されます。表示されるサブネットは、サブネットグループのサブネットである必要があります。

サブネットのベストプラクティス

Amazon Redshift クラスターを別のサブネットに移動する場合は、次のベストプラクティスを考慮してください。

  • サブネットが同種のネットワーク内に存在するようにクラスターサブネットグループを設定します。同種のネットワーク設定では、そのグループに属するすべてのサブネットが同様のネットワーク規則を共有し、均一なネットワークとして機能します。また、同種のネットワーク設定により、Amazon Redshift クラスターを別のサブネットに移動するときに発生する可能性のある接続の問題が最小限に抑えられます。
  • サブネットグループ内の各サブネットに十分な IP アドレスがあることを確認します。それ以外の場合、Amazon Redshift は同じアベイラビリティーゾーン (AZ) 内の 2 つ以上のサブネットにクラスターをプロビジョニングします。同じアベイラビリティーゾーン内に利用可能なサブネットがない場合、または十分な IP アドレスが存在しない場合、クラスターの起動に失敗することがあります。起動の失敗を解決するには、使用されていない Elastic Network Interface をすべて削除します。または、別のサブネットグループを選択して、AWS リソースを別のサブネットに移動することもできます。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?