メンテナンスウィンドウ中に Amazon Redshift がアップグレードを実行しなかったのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 8 月 19 日

Amazon Redshift クラスターのメンテナンスを予定していました。しかし、メンテナンスはトリガーされませんでした。このような状況が生じた理由は何ですか?

解決方法

以下の理由により、Amazon Redshift クラスターがメンテナンスウィンドウ中にアップグレードを実行しない場合があります。

  • 実行するメンテナンスタスクがない: スケジュールされたメンテナンスタスクがあるかどうかを確認します。アップグレードがスケジュールされると、Amazon Redshift クラスターは次のメンテナンスウィンドウ中にアップグレードを実行します。
  • お使いの AWS リージョンにおいて、Amazon Redshift の最新バージョンがまだ実装されていない: 場合によっては、メンテナンスウィンドウ中に、クラスターが最新バージョンの Amazon Redshift にアップグレードされないことがあります。これは、AWS リージョンとパッチリリースのタイミングによります。AWS リージョンで最新バージョンの Amazon Redshift が実装されていない場合、クラスターは更新されません。
  • Amazon Redshift がハードウェアのアップデートを実施している: Amazon Redshift クラスターで必須のハードウェア交換がスケジュールされている場合、メンテナンスウィンドウに優先します。ハードウェアの交換が必要な場合は、AWS マネジメントコンソールおよび SNS サブスクリプションを通じて「保留中」の項目としてイベント通知を受け取ります。

Amazon Redshift クラスターのメンテナンスウィンドウを延期するには、次の手順を実行します。

1.    Amazon Redshift コンソールにサインインします。

2.    左のナビゲーションペインで、[CLUSTERS] (クラスター) を選択します。

3.    変更する Amazon Redshift クラスターを選択します。

4.    [Actions] (アクション) で、[Modify] (変更) を選択します。

5.    [Defer Maintenance] (メンテナンスウィンドウの延期) を選択します。

6.    [Enabled] (有効) の設定を選択します。

7.    メンテナンスウィンドウの開始日時と終了日時を設定します。

8.    [Confirm] (確認) を選択します。

9.    [Modify] (変更) を選択します。

メンテナンスウィンドウを延期する方法の詳細については、クラスターの変更、または modify-cluster-menance API を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?