Amazon EC2 リザーブドインスタンスがリージョン固有のメリットやサイズの柔軟性を提供しているかどうかを調べるにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 1 月 15 日

リージョン固有のメリットがある、またはサイズがフレキシブルな Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンス (RI) を購入したいと考えています。

解決方法

サイズが柔軟なすべての Amazon EC2 RI にはリージョン固有のメリットもありますが、その逆は常に成り立つわけではありません。

RI がリージョン固有のメリットを持つには、次の点が成り立つ必要があります。

  • スタンダードまたはコンバーチブル RI であること。
  • アクティブな状態であること。
  • 固有のアベイラビリティーゾーンに関連付けられていないこと。

RI のサイズが柔軟であるための要件は、以下のとおりです。

  • リージョン固有のメリットの基準を満たしていること。
  • Linux/UNIXプラットフォーム値がある必要があります。
  • G4 または G5 インスタンスにすることはできません。
  • 専有テナントを持つことはできません。
  • 固有のアベイラビリティーゾーンに関連付けられていないこと。

リージョン固有のメリットを持つ RI は、そのリージョンの RI の仕様に一致するあらゆるインスタンスに適用されます。

サイズがフレキシブルな RI はアベイラビリティーゾーンまたはサイズに関係なく、同一インスタンスファミリーに含まれる全インスタンスに対し、料金のメリットのすべてまたは一部が適用されます。

たとえば、c4.large インスタンス用のサイズがフレキシブルな RI は、c4.large インスタンス 1 つまたは c4.medium インスタンス 2 つのいずれかに適用されます。同様に、2 つの c4.medium インスタンスを、1 つの c4.large インスタンスの使用に適用することもできます。