リージョンごとの、またはサイズが柔軟な Amazon EC2 リザーブドインスタンスはどのように働きますか?

最終更新日: 2020 年 6 月 17 日

リージョンの利点がある、またはサイズが柔軟な Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンスの購入方法を教えてください。

解決方法

サイズが柔軟なすべての Amazon EC2 リザーブドインスタンスにはリージョンごとの利点もありますが、その逆は常に成り立つわけではありません。

リザーブドインスタンスがリージョンの利点を提供するには、以下の条件が満たされている必要があります。

  • 標準またはコンバーティブルリザーブドインスタンスである必要があります。
  • active 状態である必要があります。
  • 特定のアベイラビリティーゾーンに結び付けられていてはなりません。

サイズに柔軟性のあるリザーブドインスタンスの場合。

  • リージョン単位の利点の基準を満たしている必要があります。
  • Linux/UNIXプラットフォーム値がある必要があります。
  • G4 インスタンスにすることはできません。
  • 専有テナントを持つことはできません。
  • 特定のアベイラビリティーゾーンに結び付けられていてはなりません。

リージョンの利点を提供するリザーブドインスタンスは、リザーブドインスタンスの仕様に一致するそのリージョン内のすべてのインスタンスに適用されます。

サイズが柔軟なリザーブドインスタンスは、その料金上の利点のすべてまたは一部を、アベイラビリティーゾーンまたはサイズにはかかわりなく、同じインスタンスファミリー内の任意のインスタンスに適用します。

たとえば、c4.large インスタンス向けのサイズが柔軟なリザーブドインスタンスは、1 つの c4.large インスタンスまたは 2 つの c4.medium インスタンスに適用されます。同様に、2 つの c4.medium インスタンスを、1 つの c4.large インスタンスの使用に適用することもできます。